欅Sで「注目できる存在」として考えているのは

「株式会社栄進堂」が出走させる

エイシンバッケン。

元々、玩具の製造を手掛けていた「株式会社栄進堂」は、

2006年の7月に「東京ビッグサイト」で行われた「東京おもちゃショー2006」に於いて、

「レール間隔が3ミリ」、「縮尺が450分の1」という世界最小の鉄道模型

「Tゲージ」を発表し、これがかなりの人気を博しておりました。

しかし、2010年には、「Tゲージ」の製造権利を中国の鉄道模型会社に売却しております。

当時、この理由を「競馬に本腰を入れるため」と見ており、

実際に翌年(2011年)は、エーシンヴァーゴウがセントウルSとアイビスSDを制するなど、

過去最高となる「67勝・獲得賞金11億4350万円」という成績を残しておりましたので、

客観的に見て、「方針転換は大成功」だったのでしょう。




北海道の浦河郡浦河町に、生産の拠点として「栄進牧場」を有している上、

岡山県の真庭市に「栄進牧場久世育成センター」を有するオーナーブリーダーの同社は、

長い間、平井豊光オーナー(故人)が代表を務めておりましたが、

2013年の3月に豊光オーナーが亡くなられてからは、

次男である克彦オーナーが代表を引き継ぎ、尚且つ、

豊光オーナーが個人名義で所有していた馬も、全て克彦オーナーが引き継いでおります。

昨年の「株式会社栄進堂」は、エイシンヒカリでエプソムCと毎日王冠を制するなど、

JRAで「41勝・獲得賞金8億3268万円」という成績を残しておりました。

更にエイシンヒカリは、香港Cを制し、1着賞金1425万香港ドル(当時のレートで約2億0040万円)

を獲得しておりますので、昨年の「株式会社栄進堂」は、

JRAと香港で、「10億3308万円」の賞金を稼いでいるのです。

そして今年の同社は、JRAの成績が、先週までで「14勝・獲得賞金3億0029万円」というもので、

昨年の同時期(5月4週目まで)とほぼ同じペースであり、

尚且つ、ヨーロッパに遠征中のエイシンヒカリがイスパーン賞を、

エイシンエルヴィンがモントルトゥー賞を、それぞれ制しております。

しかし、イスパーン賞の賞金は14万2850ユーロ(当日のレートで約1750万円)、

モントルトゥー賞の賞金は2万6000ユーロ(約320万円)と、

どちらも決して高額なものではないのです。




また、エイシンヒカリは6月15日(水)のプリンスオブウェールズSに、

エイシンエルヴィンは6月14日(火)のクイーンアンSに出走するため、

今後も引き続きヨーロッパに滞在しますので、当然ですが、

しばらくはJRAで賞金を稼ぐことができません。

したがって、現在は同社の関係者達が、「この2頭の分を他の馬で稼ぎたい」と考えている筈です。

そして「株式会社栄進堂」は、明日、1着賞金2200万円(馬主の取り分は8割の1760万円)

の欅Sにエイシンバッケンを出走させますので、同社の関係者であれば、

この馬を管理している中尾調教師に対して、メイチの勝負仕上げを依頼します。

そこで、最終追い切りの内容を確認したところ、

「坂路で一杯に追われて、4Fが54秒2、終いの1Fが12秒6という時計を
出しておりました。これは、そんなに目立つ時計ではないですが、脚捌きが本当
に力強いものでしたし、体に張りがあって、毛ヅヤもピカピカに見えたので、い
いレースが期待できるでしょう。昇級初戦でも侮れません」

という内容でした。

これらの理由から、この馬を「大いに注目すべき存在」と見込んでおります。


当日厳選したレースでの
買い目をご希望の場合は
競馬会員にお申込み下さい。