競馬関係者情報の記事一覧

元エージェントが言う。

「エージェント集団は最初、豊が乗らない

2番手、3番手の馬を斡旋していましたが、

それらの馬が結果を出すにつれ、

エージェント間で

有力馬の回し合いを始めた。

その中心にいたのが、

福永や岩田康誠のエージェントを務める

大物K氏。

彼は関東のエージェントU氏とも連携して、

集団を確固たるものにしていった。

今や夏のローカル開催では、

岩田を北海道に、福永を新潟に、

川田将雅を小倉に振り分け、

それぞれ有力馬に乗せているほどです。

数の力には

どんなに天才であろうとも勝てませんよ」

実は武が「競馬ブック」を

「敵に回す」ようになった裏には伏線があった。

95年の朝日杯3歳Sで、

武が乗ったエイシンガイモンは2着になったが、

「早仕掛け」だと翌日の

「競馬ブック」に批判された。

それを見た武は怒って、

「競馬ブック」の取材拒否を断行。

一時、両者の関係はぎくしゃくした。

結局「競馬ブック」側が謝罪して

取材拒否は解かれたが、

武はその件以降、

「競馬ブック」とは距離を置くようになったという。

先のエージェントが語る。

「普通なら(栗東所属である)

豊のエージェントを務めてしかるべきなのは

『競馬ブック』のトラックマンやOBですよね。

関西では独占状態に近いですから。

それが『ホースニュース・馬』の

チーフトラックマンをしていた

H氏が担当となったのは、

H氏が優秀だったこともありますが、

そういう背景もあったからですよ」

現在、巨大集団の社台グループに見放されて

不調に陥っている武は、

馬を集めるためになりふりかまっていられない。

「昨年12月16日、仲冬Sのカフェシュプリーム

(前走1番人気)に武が騎乗。

これは元々、柴田善臣のお手馬だった。

それをH氏が旧知の

松山康久調教師のところまで営業に来て、

『今週、豊の騎乗馬が少ない。どうしても乗せてほしい』

と頼み込んだ。

その日の武は3鞍しか騎乗依頼がない状態で、

焦っていたんです。

H氏は柴田にも

『今週だけ乗せてやってくれないか』

と頭を下げ、OKを出してもらいました」

ただし、

これはH氏が昔からパイプを持つ

調教師だからできたこと。

そして現在、

武とH氏が頼りにしている調教師には

大ベテランが目立つ。

馬主では、社台と縁の薄い

メイショウの冠が付く馬の

松本好雄オーナーにすがっているような状態だ。

もともと松本氏とは親交が深いこともあり、

勝ち負けできるような馬がいると

H氏が厩舎まで出向き、熱心に

「豊に乗せてほしい」と働きかけるという。

その結果、

本来なら絶対に乗り替わりにならない

高橋隆厩舎と高橋亮騎手の親子コンビの馬、

メイショウシレトコにも(2回だけだが)

乗れるようになった。

それが稼業だとはいえ、

H氏には心苦しいところもあるに違いない。

競馬関係者情報

騎手と調教師の間で

騎乗馬を巡ってトラブルが生じると、

その処理に当たるのはエージェントだ。

11年11月10日のプラタナス賞(東京)は、

中舘英二騎乗のオーブルチェフが勝利したが、

当初、中舘騎手は天間昭一厩舎の

エイコオハヤテに乗ることになっていた。

それを

「どうしてもオーブルチェフに乗りたい」

と一方的にキャンセル。

結局、鞍上が空いたエイコオハヤテには、

中舘と同じエージェントU氏の担当騎手

藤田伸二が騎乗することになった。

レース結果から判断すると

(エイコオハヤテは9着)、

中舘の判断は間違っていないように見える。

が、この「裏切り行為」に

天間師はかなりおかんむりだったという。

ベテランのエージェントが話す。

「人間関係を重んじる厩舎社会では、

先約のキャンセルはご法度。

これを破るとその厩舎の馬には当分、

乗れなくなったりします。

もしキャンセルなどをする場合は、

事前に馬主や調教師に説明が必要。

また、そのためにエージェントの存在がある。

プラタナス賞のゴタゴタは大変でしたが、

辣腕エージェントと呼ばれたU氏の努力もあって、

何とかコトを収められました。

ただ、オーブルチェフに

中舘が乗りたかったのもよくわかります。

このあと、地方GIの

全日本2歳優駿に勝つほどの馬でしたから」

同じく、勝つ可能性が

高いほうの馬に乗りたいがために

問題を起こした騎手が、福永祐一だ。

11年の毎日王冠で、

ダークシャドウ(堀宣行厩舎)に騎乗して勝った際、

「次(天皇賞・秋)もこの馬に乗りたい」

と“失言”。

すでに池江泰寿厩舎の

トゥザグローリー騎乗を約束してい

たエージェントK氏は慌てふためいた。

もし、先約をホゴにすれば、

エージェントとしての信用を

一気に失ってしまう。

早くからベリー騎手で

天皇賞に臨むことに決めていた

堀厩舎にも迷惑をかけてしまう。

結局、K氏がダークシャドウ陣営に

「福永は乗りたがっていたようですが、

先約がありまして」と頭を下げて

一件落着となったわけだが‥‥。

ちなみに、

その天皇賞でダークシャドウは2着、

トゥザグローリーは5着。

福永の心境は、どんなものだっただろう。

福永と並ぶ天才騎手・武豊も、

エージェントにまつわる問題では

エピソードにコト欠かない。

武のここ数年の不調の裏には、

年齢的な衰えや落馬事故の影響、

社台グループとの決別など

さまざまな理由が指摘されるが、

エージェントの力量差が

要因となっていることもまた事実である。

裏事情を知る元エージェントは、

「関西を牛耳っているのは事実上、

『競馬ブック』のトラックマンを中心とする

エージェント集団。

豊は彼らの包囲網に屈したのです」

競馬関係者情報

某調教師が言うように、

「今や彼らなしに競馬は回らない」

という存在となったエージェント(騎乗依頼仲介者)。

主に競馬専門紙のトラックマンが「兼業」し、

独立してフリーとなっている者もいる。

リーディングを取るのも

エージェントの腕しだいと称されるほど、

その影響は甚大なのだ。

だが、すんなりとその制度が確立したわけではない。

80年代後半、

エージェントの存在を認めようとしなかったJRAが、

それを最初に始めた「先駆者」である

「競馬研究」の名物トラックマン松沢昭夫氏を

排除しようとしたことがある。

前号で書いたように、松沢氏は当時、

担当する岡部幸雄とその騎手仲間で

騎乗馬のやりくりをしていた。

加えて「競馬研究」の「今日の岡部」

というコーナーで、

騎乗馬についてのジャッジも行っていた。

この行為が「競馬の公正面上、好ましくない」

と判断されたのだ。

ところが、

「騎手のダブルブッキングが多発して、

現場から『彼がいなくては馬の手配に困る』

という声が上がったのです。

それでしぶしぶJRAも折れたというわけです」

(競馬サークル関係者)

エージェントを専門紙記者が兼ねることは、

馬券を買う競馬ファンにとっても重大な問題だ。

11年の菊花賞。

「競馬エイト」のH氏は、

自らがエージェントをする

後藤浩輝が乗る6番人気のベルシャザールに

自信の◎を打った。

が、ベルシャザールは17着と惨敗。

期待を裏切ってしまう。

それだけならよくあることで済ませられるが、

後藤がツイッターで、

「レース中にDDSP(喉の気道が狭くなる病気)を発生していた。

元々、喉が怪しかった馬なので‥‥」

とつぶやいたことで、大問題となった。

H氏の予想に乗ったファンから

「H氏は喉が弱いことを知っていたのか、

知らなかったのか。

知っていても勝負になると信じて◎を付けたのか。

自分の担当している騎手が乗る馬のことなので、

ちゃんと説明してほしい」

という苦情が「競馬エイト」編集部に

殺到したというのだ。

H氏は周知のように、

「スーパー競馬」(フジテレビ系)で

パドック診断も行っているが、その際、

後藤の乗る馬にマイナス点はまず付けないと言われる。

競馬関係者情報