まず82年にテスコボーイから

リーディングサイヤーの座を奪い取ると、

その座を11年連続で「防衛」。

その間には、善哉氏の悲願だった

日本ダービー制覇(86年)も

同種牡馬の仔、

ダイナガリバーで成し遂げた。

この成功により、社台は量だけでなく、

質の面でも申し分のない

オーナーブリーダーとして認知される。

このノーザンテースト旋風が吹きまくった10年間ほどが、

社台の第1期黄金時代と言えるが、

実はノーザンテーストの仔が走り始めるまでは、

なかなか馬が売れずに苦しんだ。

ひとつには、ノーザンテースト以前に

社台が導入した種牡馬が不振だったこと。

そして不景気による馬主の買い渋りもあった。

もともと日本の税制のもとでは

馬を持つことは難しいと言われるが、

オイルショック後の不景気で

馬主のなり手が激減し、

馬が売れなくなっていたのだ。

「救いとなったのは、

80年に日本最初のクレジットカード会社

ダイナースクラブから会員制クラブ馬主設立、

いわゆる一口馬主制度の話を持ちかけられ、

『社台ダイナースサラブレッドクラブ』

(現在の『社台サラブレッドクラブ』)

を始めたことでした」

こう語るのはさる馬主関係者。

競馬ファンなら誰しもが馬を持つことを夢みるが、

馬代金の20分の1の投資で、

中流階級の人たちに

「馬主気分」を味わえるようにしたのである。

この新たな馬主層の開拓が、

今日の「社台1強」の礎となったことは疑いようがない。

この一口馬主制度は提供する馬の質だけでなく、

サービス面でも既存のクラブを圧倒するものだった。

のちに10人に限り口取りまでできるようになるほどだ。

先の馬主関係者が続ける。

「もともと社台は、

クラブ馬主のはしりである

『ターファイトクラブ』が

一番のお得意さんだったこともあり、

そこから運営のノウハウをつかんでいた。

だから難なくスタートできました。

やれば、産地直送で馬を売れる

というメリットも生かせますしね」

ターファイトクラブは、

いわゆる会員制馬主クラブの先駆け。

現在は、北海道日高地区を中心に、

40以上の生産牧場が集まって運営する、

馬産地直結型のクラブである。

問題は、クラブのイメージアップにつながるような

「走る馬」を出せるかどうかだった。

「走る馬」さえ出れば、

会員も増えていくし、その分、

馬も売りやすくなる。

だが当時

「クラブ馬はそこそこ走る馬を出しても、

大レースは勝てない」と言われ、

実際、中山大障害を勝つのが関の山だった。

「ところが社台サラブレッドクラブは違った。

第1期からオークス馬ダイナカール

(父はノーザンテースト)

を出しましたからね。これが大きかった」

(ベテラントラックマン)

競馬関係者情報

岡部騎手は社台サラブレッドクラブの

有力馬の手綱を多く取るようになり、

スクラムダイナ、ダイナコスモス、

ジェニュイン、バブルガムフェロー

といった馬に次々とGⅠ勝利をもたらし、

社台の勢力拡大とともに

一流騎手の座へと駆け上っていく。

ここに、厩舎事情に縛られることなしに、

一流馬には一流騎手を、

という社台の姿勢が見て取れる。

社台は最近、

一流外国人騎手をこれでもかと重用するが、

すでにその傾向はあったということになる。

さて、馬が走ってクラブの会員が増加しても

現状に満足せず、

手綱を緩めないのが

善哉氏の商魂たくましいところ。

有名人を利用して、

さらなる拡大を図ったのだ。

元騎手が明かす。

「だから有名人の馬主にはいい馬をあてがった。

彼らの馬が走ればいい宣伝になるからですよ。

思い浮かぶだけでも、

江川卓(レディゴシップ)、

ランディ・バース(ダイナキングダム)、

森田芳光(リアルバースデー)

などの名前があがる。

どの馬もオープンまでいったから、

競馬ファンならば、

“あぁ、そういえばいたな”

と思い出すのでは」

こんなこともあった。

元騎手が続ける。

「南田洋子の持ち馬ダイナアクトレスが

87年の毎日王冠を勝利したが、

南田は競馬場には来たものの、

わずかに口取りには間に合わなかった。

それを知った善哉氏は

矢野進調教師にもう一度アクトレスを

ウイナーズサークルに戻すように命じ、

南田に口取りをさせてあげた。

もちろん南田への心遣いだが、

彼女が登場することによる

宣伝力も見込んでのことでもあったね」

しかし、こうした広告塔を使ったPRは、

一部会員から非難を浴びることにもなる。

人気沸騰後の社台サラブレッドクラブは、

募集開始後すぐに応募しようとしても

なかなか電話がつながらず、

つながっても希望馬はすでに売り切れ、

というケースが多々あった。

それなのになぜ、

江川やバースはすんなりと持てるのか、

というわけなのだ。

善哉氏は間違いなく「商売人」である。

時にはみずから

「俺は吉田ゼニヤだ」

とうそぶいた。

だから敵も多かった。

何しろ、平気で人様の馬を

けなしたりもしたからだ。

ある座談会でこんな発言をしたことがある。

「ミホシンザン(皐月賞、菊花賞、天皇賞制覇)は

血統がよくない」

それを知ったミホシンザン関係者が

立腹したのは言うまでもない。

競馬関係者情報

日本の競馬を語る上で避けて通ることができない

巨大組織「社台グループ」

社台ファーム、ノーザンファーム、

追分ファーム、白老ファーム

といった牧場をはじめ、

トレーニングセンター、

会員制馬主クラブも運営する

「大帝国」と言っていい。

現代の競馬が「社台の運動会」

と揶揄されるほど生産馬は多く、そして強い。

今年、JRA重賞レースの勝ち馬のうち、

約半数を社台生産馬が占める現実は象徴的だ。

政治の世界ではないが、

数の力を源とする勢力拡大で、

社台グループは馬主、厩舎、調教師、

騎手に強大な影響力、発言力を持つに至り、

さながら王様として君臨、

独裁政権を展開しているのである。

天才と言われた武豊ですら、

いったん社台に嫌われると勝ち鞍から遠ざかり、

苦杯をなめる現実を伝えた。

社台グループの創始者は、

吉田善哉(ぜんや)氏。

すでに亡くなって19年になるが、

その競馬界に残した足跡は、

あまりにも大きい。

1955年から競馬人生をスタートさせた

善哉氏について、ベテランのトラックマンは語る。

「社台王国が盤石なものになったのは

善哉氏の晩年、80年代になってからで、

それまでは中堅級の活躍馬を多く出す

商売人の牧場というイメージが強かった。

そのやり方は、大規模大量生産。

心無い人からは

『そりゃあ、数撃ちゃ当たるよ』

と言われたりもしました。

また、千葉に所有していた土地が

成田空港建設で高く売れて資金力が増大、

当時の列島改造ブームに便乗して太っていった、

とも言われました」

そんな土地絡みで入ってきた金は全て、

馬と牧場につぎ込んだ。

牧草地を改良したり、

タブーだった昼夜放牧を始めたり、

室内トレーニング場を造ったり、

良血の繁殖牝馬を導入したり‥‥

と、競走馬にとっていいと思えることは

すぐに実行していった。

そんな「下地」を整備していた社台に、

組織拡大の決定的なチャンスが訪れる。

75年、種牡馬ノーザンテーストの導入だった。

当時を知る競馬解説者が回想する。

「ノーザンテーストは72年のサラトガのセリで、

善哉氏の長男・照哉氏がセリ落としたものですが、

この際、善哉氏は『30万ドル

(当時のレートで9240万円)

まで出していいから、

ノーザンダンサーの産駒を買ってこい!』

と命じていた。

ノーザンダンサー産駒はその頃、

世界を席巻していて、

どうしても手に入れたかったんです。

結果、10万ドルで買うことができた。

実物を見た善哉氏は

『ノーザンダンサーに体形がそっくりだ。

間違いなく走るよ。

種牡馬としても絶対に成功する』と、

うれしそうに語っていましたね。

実際、そのとおりになった」

ノーザンテーストは

フランスのGⅠラフォレ賞を勝利し、

箔をつけて75年に日本で種牡馬入り。

驚くべき成功を成し遂げた。

競馬関係者情報

競馬会員募集

※当サイト内のサイト名、文言、画像、内容を含む全ての著作権は競馬関係者予想供ブログに帰属し、許可なく転用、転載を行う事を固く禁じます。もし許可なく上記が行われた場合には損害賠償を請求させて頂くと共に、記載内容の全削除を強く求めさせて頂きますので予めご了承下さい。弊社の提供するサービス、及び勝馬投票券は個人の責任において購入、ご利用ください。弊社が提供する情報又はサービスによって受けた利益、損害に関して弊社は一切関知せず、その責任は全て会員登録者個人になるものといたします。当サービスから提供される情報は、そのサービス内容や正確性等につきましては一切保証しておりません。又、弊社が提供する買い目情報及びキャンペーンの内容は100%の的中や払い戻し金を保障するものでは御座いません。弊社で同精度、もしくはそれに近い情報と判断した情報が複数存在した場合、会員毎に提供する情報を個別に変更する場合があります。有料情報の購入は必ず予め利用規約に同意の上でご利用下さい。競馬法第28条により、未成年者の勝馬投票券購入は禁止されており、勝馬投票券の代理購入等は一切行っておりません。・馬券の購入は個人の責任において行ってください。・当社の情報料はあくまでも分析的調査費用であり、的中を保証するものではありません。・当社の情報利用により生じたいかなる損害について、一切の責任は負いかねますのでご了承下さい。
利用規約  プライバシーポリシー