3/31(日)中山8R/3連単
221,760円

3/31(日)阪神7R/3連複
18,480円

3/31(日)中山1R/馬単
1,370円

3/30(土)中山11R/3連複
14,610円

3/30(土)阪神7R/3連単
29,690円

3/30(土)中山5R/馬連
2,650円

3/30(土)阪神4R/3連単
6,760円

3/24(日)中京10R/3連単
15,950円

3/24(日)中京8R/3連複
5,070円

3/24(日)阪神7R/3連単
273,050円

3/24(日)中山1R/馬連
1,210円

3/23(土)中京12R/3連複
10,110円

3/23(土)阪神9R/3連単
9,460円

3/23(土)中京9R/馬連
670円

3/23(土)中山5R/3連単
31,090円

3/23(土)阪神2R/馬単
3,100円

3/17(日)中京11R/馬単
6,960円

3/17(日)中山9R/3連単
30,920円

3/17(日)阪神7R/3連複
13,790円

3/17(日)阪神6R/馬連
1,360円

3/17(日)中京2R/3連単
352,250円

3/16(土)中京12R/馬連
4,180円

3/16(土)阪神9R/馬単
4,010円

3/16(土)中山6R/3連複
26,080円

3/16(土)阪神5R/馬連
320円

3/10(日)中京9R/馬単
4,590円

3/10(日)中山8R/3連単
24,740円

3/10(日)中京4R/3連複
12,640円

3/10(日)阪神1R/馬連
2,940円

3/9(土)中山11R/馬単
1,370円

3/9(土)阪神9R/3連複
14,450円

3/9(土)阪神7R/馬連
600円

3/9(土)中京3R/3連単
8,660円

3/3(日)中山10R/3連単
25,390円

3/3(日)小倉10R/馬連
2,990円

3/3(日)中山9R/3連単
218,780円

3/3(日)阪神3R/馬単
3,370円

3/2(土)小倉8R/3連複
8,980円

3/2(土)中山6R/馬連
1,020円

的中結果

2/24(日)阪神8R/3連単
48,060円

2/24(日)小倉4R/3連複
5,100円

2/23(土)阪神11R/馬連
330円

2/23(土)中山7R/馬単
1,920円

2/23(土)阪神1R/3連単
11,580円

2/17(日)東京11R/3連複
16,150円

2/17(日)京都9R/3連複
10,150円

2/17(日)東京9R/馬単
3,530円

2/16(土)小倉11R/3連単
44,490円

2/16(土)東京9R/馬連
3,980円

2/16(土)京都5R/3連複
4,730円

2/10(日)小倉12R/3連単
158,420円

2/10(日)京都9R/馬単
3,100円

2/10(日)東京8R/3連複
6,470円

2/9(土)東京11R/3連複
7,270円

2/9(土)小倉6R/馬連
4,410円

2/3(日)京都8R/3連単
17,570円

2/3(日)中京8R/3連複
4,290円

2/3(日)中京1R/馬連
730円

2/2(土)京都10R/馬単
1,950円

2/2(土)東京7R/3連単
22,300円

的中結果

オルフェーヴル、

ゴールドシップらの父として、

今や大種牡馬の地位を

不動のものにしているステイゴールド。

武豊が父馬に乗っていなければ、

この2頭は存在しなかったかもしれない。

競馬ライターが証言する。

「ステイゴールドは2着の多さから

『善戦マン』や『シルバーコレクター』

とありがたくない異名が付いていた。

それでも池江泰郎調教師は

主戦の熊沢重文に勝たせたい一心で

我慢強く乗せていた。

それにサンデーサイレンス産駒に共通する

気性の悪さもあり、

豊に渡すのをためらっていたようです」

だが、我慢するにも限界がある。

「泣く泣く熊沢を降ろし」て、

豊に依頼したのが00年の目黒記念。

そして、見事期待に応えてみせる。

通算38戦目、

約2年8カ月ぶりの勝利のパフォーマンスだった。

「豊はサンデーサイレンスを

現役当時のレースビデオを見て研究していて、

クセの悪さは把握していました。

だから、その仔も気性に難があったとしても

乗りこなす自信はあった。

もちろん

ステイゴールドもチェックしていたはずで、

この重賞初勝利で

種牡馬になるメドが立ったと言われます」

(競馬ライター)

種牡馬としての評価を高めるには

より価値のある勲章が必要だったが、

それも豊があっさりやってのける。

ステイゴールドが現役ラストイヤーの01年、

GⅡドバイシーマCと

引退レースのGⅠ香港ヴァーズを、

見事制覇させるのだ。

豊はそれから4年後の05年には

池江泰調教師が管理する

ディープインパクトで

シンボリルドルフ以来、

20年ぶり2頭目の

無敗の3冠馬騎手になる。

しかし‥‥。

「確かに03年から3年連続で

200勝以上という偉業を成し遂げています。

でも00年の130勝は豊には平凡な数字、

01年は長期の海外遠征があったとはいえ、

わずか65勝で

リーディング首位を同期の蛯名正義に譲った。

4カ月の休養を余儀なくされた

10年の落馬負傷事故で

体が思うように動かなくなったのが、

急激に勝ち星を減らす原因と言われますが、

00年頃から競馬への貪欲さが

欠けてきていたのではないでしょうか」

(栗東トレセン関係者)

昨年の54勝、勝率・095、連対率・195は

デビュー以来、最低だった。

社台グループとの確執などがあったにしても、

天才らしからぬ「落日ぶり」だ。

競馬関係者情報

競馬会員募集

※当サイト内のサイト名、文言、画像、内容を含む全ての著作権は競馬関係者情報公開ブログに帰属し、許可なく転用、転載を行う事を固く禁じます。もし許可なく上記が行われた場合には損害賠償を請求させて頂くと共に、記載内容の全削除を強く求めさせて頂きますので予めご了承下さい。弊社の提供するサービス、及び勝馬投票券は個人の責任において購入、ご利用ください。弊社が提供する情報又はサービスによって受けた利益、損害に関して弊社は一切関知せず、その責任は全て会員登録者個人になるものといたします。当サービスから提供される情報は、そのサービス内容や正確性等につきましては一切保証しておりません。又、弊社が提供する買い目情報及びキャンペーンの内容は100%の的中や払い戻し金を保障するものでは御座いません。弊社で同精度、もしくはそれに近い情報と判断した情報が複数存在した場合、会員毎に提供する情報を個別に変更する場合があります。有料情報の購入は必ず予め利用規約に同意の上でご利用下さい。競馬法第28条により、未成年者の勝馬投票券購入は禁止されており、勝馬投票券の代理購入等は一切行っておりません。・馬券の購入は個人の責任において行ってください。・当社の情報料はあくまでも分析的調査費用であり、的中を保証するものではありません。・当社の情報利用により生じたいかなる損害について、一切の責任は負いかねますのでご了承下さい。
利用規約  プライバシーポリシー