騎手と調教師の間で

騎乗馬を巡ってトラブルが生じると、

その処理に当たるのはエージェントだ。

11年11月10日のプラタナス賞(東京)は、

中舘英二騎乗のオーブルチェフが勝利したが、

当初、中舘騎手は天間昭一厩舎の

エイコオハヤテに乗ることになっていた。

それを

「どうしてもオーブルチェフに乗りたい」

と一方的にキャンセル。

結局、鞍上が空いたエイコオハヤテには、

中舘と同じエージェントU氏の担当騎手

藤田伸二が騎乗することになった。

レース結果から判断すると

(エイコオハヤテは9着)、

中舘の判断は間違っていないように見える。

が、この「裏切り行為」に

天間師はかなりおかんむりだったという。

ベテランのエージェントが話す。

「人間関係を重んじる厩舎社会では、

先約のキャンセルはご法度。

これを破るとその厩舎の馬には当分、

乗れなくなったりします。

もしキャンセルなどをする場合は、

事前に馬主や調教師に説明が必要。

また、そのためにエージェントの存在がある。

プラタナス賞のゴタゴタは大変でしたが、

辣腕エージェントと呼ばれたU氏の努力もあって、

何とかコトを収められました。

ただ、オーブルチェフに

中舘が乗りたかったのもよくわかります。

このあと、地方GIの

全日本2歳優駿に勝つほどの馬でしたから」

同じく、勝つ可能性が

高いほうの馬に乗りたいがために

問題を起こした騎手が、福永祐一だ。

11年の毎日王冠で、

ダークシャドウ(堀宣行厩舎)に騎乗して勝った際、

「次(天皇賞・秋)もこの馬に乗りたい」

と“失言”。

すでに池江泰寿厩舎の

トゥザグローリー騎乗を約束してい

たエージェントK氏は慌てふためいた。

もし、先約をホゴにすれば、

エージェントとしての信用を

一気に失ってしまう。

早くからベリー騎手で

天皇賞に臨むことに決めていた

堀厩舎にも迷惑をかけてしまう。

結局、K氏がダークシャドウ陣営に

「福永は乗りたがっていたようですが、

先約がありまして」と頭を下げて

一件落着となったわけだが‥‥。

ちなみに、

その天皇賞でダークシャドウは2着、

トゥザグローリーは5着。

福永の心境は、どんなものだっただろう。

福永と並ぶ天才騎手・武豊も、

エージェントにまつわる問題では

エピソードにコト欠かない。

武のここ数年の不調の裏には、

年齢的な衰えや落馬事故の影響、

社台グループとの決別など

さまざまな理由が指摘されるが、

エージェントの力量差が

要因となっていることもまた事実である。

裏事情を知る元エージェントは、

「関西を牛耳っているのは事実上、

『競馬ブック』のトラックマンを中心とする

エージェント集団。

豊は彼らの包囲網に屈したのです」

競馬関係者情報

某調教師が言うように、

「今や彼らなしに競馬は回らない」

という存在となったエージェント(騎乗依頼仲介者)。

主に競馬専門紙のトラックマンが「兼業」し、

独立してフリーとなっている者もいる。

リーディングを取るのも

エージェントの腕しだいと称されるほど、

その影響は甚大なのだ。

だが、すんなりとその制度が確立したわけではない。

80年代後半、

エージェントの存在を認めようとしなかったJRAが、

それを最初に始めた「先駆者」である

「競馬研究」の名物トラックマン松沢昭夫氏を

排除しようとしたことがある。

前号で書いたように、松沢氏は当時、

担当する岡部幸雄とその騎手仲間で

騎乗馬のやりくりをしていた。

加えて「競馬研究」の「今日の岡部」

というコーナーで、

騎乗馬についてのジャッジも行っていた。

この行為が「競馬の公正面上、好ましくない」

と判断されたのだ。

ところが、

「騎手のダブルブッキングが多発して、

現場から『彼がいなくては馬の手配に困る』

という声が上がったのです。

それでしぶしぶJRAも折れたというわけです」

(競馬サークル関係者)

エージェントを専門紙記者が兼ねることは、

馬券を買う競馬ファンにとっても重大な問題だ。

11年の菊花賞。

「競馬エイト」のH氏は、

自らがエージェントをする

後藤浩輝が乗る6番人気のベルシャザールに

自信の◎を打った。

が、ベルシャザールは17着と惨敗。

期待を裏切ってしまう。

それだけならよくあることで済ませられるが、

後藤がツイッターで、

「レース中にDDSP(喉の気道が狭くなる病気)を発生していた。

元々、喉が怪しかった馬なので‥‥」

とつぶやいたことで、大問題となった。

H氏の予想に乗ったファンから

「H氏は喉が弱いことを知っていたのか、

知らなかったのか。

知っていても勝負になると信じて◎を付けたのか。

自分の担当している騎手が乗る馬のことなので、

ちゃんと説明してほしい」

という苦情が「競馬エイト」編集部に

殺到したというのだ。

H氏は周知のように、

「スーパー競馬」(フジテレビ系)で

パドック診断も行っているが、その際、

後藤の乗る馬にマイナス点はまず付けないと言われる。

競馬関係者情報

親の七光り──

名を成した人物の跡を継いだ二世が

えてして親を超えられないことを揶揄する言葉だ。

競馬界でも親子二代で騎手になる例は珍しくないが、

そろってスタージョッキーとして

成功を収めている例はそう多くない。

ターフで頼りになるのは自分だけ、

親の名声など何の助けにもならないの

が騎手という過酷な職業だからだ。

武邦彦とその三男・豊、

そして四男・幸四郎。

遅咲きだった父に比べ、

2人の息子は最優秀新人賞を獲得している違いはあるが、

天才のDNAが受け継がれる武一族が

競馬史に残るファミリーであることに

疑いの余地はないだろう。

武家のルーツは、

明治維新まで遡らなければならない。

「豊がスター騎手の階段を上り始めた頃、

紙上で豊特集を何度も組んだ時に、

武術の名手だったことを知りました」

そう話すのは、M記者。

もともとは薩摩藩武士の家柄で、

開拓使として北海道・函館に渡った彦七氏は、

兄が創業した牧場の経営を任され

競馬と関わるようになり、

馬術家として多くの騎手や調教師を育てた。

さらに彦七氏の子息・芳彦氏は戦後、

函館競馬の復興に尽力し、

北海道馬主協会の理事を務めたほどだった。

生まれ育った牧場で

毎日サラブレッドと遊んでいた邦彦は、

騎手になるべくしてなったと言える。

邦彦が騎手になろうとしたのは、

中学2年生の時。

京都競馬場で調教師だった叔父に誘われ、

見習い騎手となる。

「まだ競馬学校はない時代で、

厩舎の見習いからスタートするのが普通だった。

騎手はフリーが当たり前の今と違って、

各厩舎には必ず所属騎手がいた。

厩舎の仕事を手伝いながら騎乗技術を学んで、

騎手試験を受けることになる」

(前出・M氏)

邦彦が騎手試験に合格したのは1957年、

19歳の時だった。

競馬がまだ社会的に認知されていない時期で

レース数は少なく、

デビューした年の騎乗回数はわずか96、

しかも、そのうち33回は障害戦。

勝ち星はわずか8(うち3勝が障害戦)だった。

豊はデビューした87年に

554回も騎乗しているのと比べれば雲泥の差だ。

この年、豊は当時の新人記録69勝をマークしているが、

邦彦は「私だってあれだけ数多く乗っていれば、

もっと勝っていたよ」と言う。

負け惜しみではなく、本音だっただろう。

競馬関係者情報

競馬会員募集

※当サイト内のサイト名、文言、画像、内容を含む全ての著作権は競馬関係者情報公開ブログに帰属し、許可なく転用、転載を行う事を固く禁じます。もし許可なく上記が行われた場合には損害賠償を請求させて頂くと共に、記載内容の全削除を強く求めさせて頂きますので予めご了承下さい。弊社の提供するサービス、及び勝馬投票券は個人の責任において購入、ご利用ください。弊社が提供する情報又はサービスによって受けた利益、損害に関して弊社は一切関知せず、その責任は全て会員登録者個人になるものといたします。当サービスから提供される情報は、そのサービス内容や正確性等につきましては一切保証しておりません。又、弊社が提供する買い目情報及びキャンペーンの内容は100%の的中や払い戻し金を保障するものでは御座いません。弊社で同精度、もしくはそれに近い情報と判断した情報が複数存在した場合、会員毎に提供する情報を個別に変更する場合があります。有料情報の購入は必ず予め利用規約に同意の上でご利用下さい。競馬法第28条により、未成年者の勝馬投票券購入は禁止されており、勝馬投票券の代理購入等は一切行っておりません。・馬券の購入は個人の責任において行ってください。・当社の情報料はあくまでも分析的調査費用であり、的中を保証するものではありません。・当社の情報利用により生じたいかなる損害について、一切の責任は負いかねますのでご了承下さい。
利用規約  プライバシーポリシー