オルフェーヴル、

ゴールドシップらの父として、

今や大種牡馬の地位を

不動のものにしているステイゴールド。

武豊が父馬に乗っていなければ、

この2頭は存在しなかったかもしれない。

競馬ライターが証言する。

「ステイゴールドは2着の多さから

『善戦マン』や『シルバーコレクター』

とありがたくない異名が付いていた。

それでも池江泰郎調教師は

主戦の熊沢重文に勝たせたい一心で

我慢強く乗せていた。

それにサンデーサイレンス産駒に共通する

気性の悪さもあり、

豊に渡すのをためらっていたようです」

だが、我慢するにも限界がある。

「泣く泣く熊沢を降ろし」て、

豊に依頼したのが00年の目黒記念。

そして、見事期待に応えてみせる。

通算38戦目、

約2年8カ月ぶりの勝利のパフォーマンスだった。

「豊はサンデーサイレンスを

現役当時のレースビデオを見て研究していて、

クセの悪さは把握していました。

だから、その仔も気性に難があったとしても

乗りこなす自信はあった。

もちろん

ステイゴールドもチェックしていたはずで、

この重賞初勝利で

種牡馬になるメドが立ったと言われます」

(競馬ライター)

種牡馬としての評価を高めるには

より価値のある勲章が必要だったが、

それも豊があっさりやってのける。

ステイゴールドが現役ラストイヤーの01年、

GⅡドバイシーマCと

引退レースのGⅠ香港ヴァーズを、

見事制覇させるのだ。

豊はそれから4年後の05年には

池江泰調教師が管理する

ディープインパクトで

シンボリルドルフ以来、

20年ぶり2頭目の

無敗の3冠馬騎手になる。

しかし‥‥。

「確かに03年から3年連続で

200勝以上という偉業を成し遂げています。

でも00年の130勝は豊には平凡な数字、

01年は長期の海外遠征があったとはいえ、

わずか65勝で

リーディング首位を同期の蛯名正義に譲った。

4カ月の休養を余儀なくされた

10年の落馬負傷事故で

体が思うように動かなくなったのが、

急激に勝ち星を減らす原因と言われますが、

00年頃から競馬への貪欲さが

欠けてきていたのではないでしょうか」

(栗東トレセン関係者)

昨年の54勝、勝率・095、連対率・195は

デビュー以来、最低だった。

社台グループとの確執などがあったにしても、

天才らしからぬ「落日ぶり」だ。

競馬関係者情報

「栗東トレセンで初めて取材した時、

坊主頭から後光が差している感じがした。

この新人はきっとすごい騎手になると思った」

武豊との出会いをこう振り返るのは、

関東のスポーツ紙競馬担当記者。

その予感は当たる。

88年、デビュー2年目に

スーパークリークで菊花賞を勝ち(初GⅠ勝利)、

その翌年、全国リーディング首位と

快進撃を続けた驚異の新人は、

90年有馬記念ではスーパーホースとともに、

ファンの喝采を一身に集めることになる。

第2次競馬ブームの主役だった

オグリキャップ。

その年の春、

豊はテン乗り(初騎乗)の

安田記念で勝っていた。

その後は(別の騎手騎乗で)凡走が続き、

鞍上に再び豊が指名される。

競馬ライターが証言する。

「オーナーが代われば主戦も代わり、

GⅠを連闘で使われるとか、

とにかく話題には事欠かない馬。

ただ、豊が有馬記念で乗った時は、

競走馬としてのピークはとうに過ぎていました」

豊自身も調教をつけて、

その衰えっぷりに驚かされる。

ところがそれをレースで一変させた。

「道中は気持ちよく走らせる」ことに徹して、

4番人気の低評価を覆してみせると、

中山競馬場はオグリコールに包まれた。

豊はのちにこう述懐している。

「有馬記念を勝てたのはうれしかったが、

それ以上に

「すでにGⅠを何勝かして

リーディング首位になったといっても、

あのレースでファンやメディアの

評価が変わったのを感じました」

前出・競馬ライターも

「すでにGⅠを何勝かして

リーディング首位になったといっても、

『いい馬に乗せてもらっているからだ』

と言う関係者も少なくなかった。

それが有馬でのみごとな乗り方を目にして、

悪く言う者はいなくなりました」

怪物伝説を生んだ芦毛馬と若き天才ジョッキー。

豊は2戦乗っただけだったが、

そのどちらもが惨敗後の勝利。

騎手として確かな感触をつかむのは当然だった。

そして91年には、

史上初の親子3代天皇賞制覇の記録を残した

(父メジロティターンが82年天皇賞・秋を、

祖父メジロアサマは70年天皇賞・秋を制覇)

メジロマックイーンの

手綱を取ることになるのである。

新馬デビューが遅く、春のクラシックに

出走できなかったマックイーンは

菊花賞を勝ち、

古馬になった91年から豊とコンビを組む。

菊花賞の騎手は内田浩一だっただけに、

この(天皇賞の)一件でも

「豊は強くなった馬を横取りする」

とバッシングされたが、

コンビ初戦の阪神大賞典と

2戦目の天皇賞・春を完勝し、

批判を一掃した。

その年の秋、天皇賞・秋で

2連覇を狙うが、

そこで「事件」が起きる。

スポーツ紙デスクが言う。

「記者席から望遠鏡でレースを追っていても

見えづらいところでの出来事。

審議ランプがついて、

対象になったのはあそこだな、

と思った程度です。

『これはただ事じゃない』と感じたのは、

レースからだいぶ時間がたってからでした」

事件の顚末はこうだ。

舞台となった東京競馬場の

芝2000メートルは

1コーナーのポケットがスタート地点。

いいポジションを取ろうと、

2コーナー目がけて揉み合うように

各馬が殺到するのはいつものことだったが‥‥。

18頭立ての13番だったマックイーンが

2コーナーで内側に切れ込んだために

アクシデントが起きる。

接触を避けようとした

プレクラスニーの江田照男は

さらに内側に寄せるしかなく、

そのアオリを食ったのが

プレジデントシチーの本田優。

落馬寸前になり、

「他の馬とぶつかったから落ちなかった」

(本田)ほどだった。

さながらドミノ倒しに近い影響を受けた

4、5頭の中には、

岡部幸雄のメイショウビトリアも入っていた。

好位から抜け出したマックイーンは、

2着プレクラスニーに

6馬身の差をつけてゴールイン。

後方からの競馬で全てを見ていた

カリブソングの柴田政人は

「豊、ウイニングランはダメだぞ」

と忠告しているが、

勝利に酔う豊には聞こえなかったのか、

スタンド前までマックイーンを走らせ、

ファンの声援に応えている。

「裁決室に呼ばれた各騎手が

何があったかを話すと、

豊はアウト。

いつもは寡黙な岡部が部屋を出るや、

『豊は失格。

あんなレースをされたら

競馬にならないよ』

と激怒した」

(前出・デスク)

マックイーンはGⅠ史上初の

18着降着となり、

豊は6日間の騎乗停止処分を受ける。

豊のショックは並大抵ではなく、

ターフに復帰しても40戦以上、

未勝利のスランプに陥った。

この事件があったからではないだろうが、

マックイーンは93年の宝塚記念まで

4年連続GⅠを制覇しながら、

年度代表馬に選ばれることはなかった。

K氏が言う。

「菊花賞以外、活躍したのは

春に集中したせいもあったからでしょうが、

『マックイーンがかわいそうだよ』

と豊が嘆いていました」

父・邦彦氏は

キレイでフェアな乗り方をする騎手だった。

豊もその姿を手本に、

まったく同じ乗り方で菊花賞を制するなど、

「師の教え」は着実に受け継がれていた。

そのDNAが唯一にして

最大のミスを犯したのがこの天皇賞であり、

豊にとって初の屈辱だった。

「外枠が不利な東京2000メートルでは、

2コーナーまでにいいポジションを取らないと、

あの長い直線もあり、

勝負にならない。

冷静な豊には珍しく

周囲が見えないほどに熱くなり、

焦っていたのです。

同時に、天才ともてはやされ

飛ぶ鳥を落とす勢いだった豊はこの頃、

あのウイニングランでわかるように

有頂天になり、慢心も芽生えていた。

それを先輩騎手がいさめたのです」

(厩舎関係者)

ペナルティを食らって沈む豊だったが、

邦彦氏は「大人の関係だから」と、

若い豊にあえて

手を差し伸べず立ち直るのを見守った。

競馬関係者情報

元エージェントが言う。

「エージェント集団は最初、豊が乗らない

2番手、3番手の馬を斡旋していましたが、

それらの馬が結果を出すにつれ、

エージェント間で

有力馬の回し合いを始めた。

その中心にいたのが、

福永や岩田康誠のエージェントを務める

大物K氏。

彼は関東のエージェントU氏とも連携して、

集団を確固たるものにしていった。

今や夏のローカル開催では、

岩田を北海道に、福永を新潟に、

川田将雅を小倉に振り分け、

それぞれ有力馬に乗せているほどです。

数の力には

どんなに天才であろうとも勝てませんよ」

実は武が「競馬ブック」を

「敵に回す」ようになった裏には伏線があった。

95年の朝日杯3歳Sで、

武が乗ったエイシンガイモンは2着になったが、

「早仕掛け」だと翌日の

「競馬ブック」に批判された。

それを見た武は怒って、

「競馬ブック」の取材拒否を断行。

一時、両者の関係はぎくしゃくした。

結局「競馬ブック」側が謝罪して

取材拒否は解かれたが、

武はその件以降、

「競馬ブック」とは距離を置くようになったという。

先のエージェントが語る。

「普通なら(栗東所属である)

豊のエージェントを務めてしかるべきなのは

『競馬ブック』のトラックマンやOBですよね。

関西では独占状態に近いですから。

それが『ホースニュース・馬』の

チーフトラックマンをしていた

H氏が担当となったのは、

H氏が優秀だったこともありますが、

そういう背景もあったからですよ」

現在、巨大集団の社台グループに見放されて

不調に陥っている武は、

馬を集めるためになりふりかまっていられない。

「昨年12月16日、仲冬Sのカフェシュプリーム

(前走1番人気)に武が騎乗。

これは元々、柴田善臣のお手馬だった。

それをH氏が旧知の

松山康久調教師のところまで営業に来て、

『今週、豊の騎乗馬が少ない。どうしても乗せてほしい』

と頼み込んだ。

その日の武は3鞍しか騎乗依頼がない状態で、

焦っていたんです。

H氏は柴田にも

『今週だけ乗せてやってくれないか』

と頭を下げ、OKを出してもらいました」

ただし、

これはH氏が昔からパイプを持つ

調教師だからできたこと。

そして現在、

武とH氏が頼りにしている調教師には

大ベテランが目立つ。

馬主では、社台と縁の薄い

メイショウの冠が付く馬の

松本好雄オーナーにすがっているような状態だ。

もともと松本氏とは親交が深いこともあり、

勝ち負けできるような馬がいると

H氏が厩舎まで出向き、熱心に

「豊に乗せてほしい」と働きかけるという。

その結果、

本来なら絶対に乗り替わりにならない

高橋隆厩舎と高橋亮騎手の親子コンビの馬、

メイショウシレトコにも(2回だけだが)

乗れるようになった。

それが稼業だとはいえ、

H氏には心苦しいところもあるに違いない。

競馬関係者情報

競馬会員募集

※当サイト内のサイト名、文言、画像、内容を含む全ての著作権は競馬関係者情報公開ブログに帰属し、許可なく転用、転載を行う事を固く禁じます。もし許可なく上記が行われた場合には損害賠償を請求させて頂くと共に、記載内容の全削除を強く求めさせて頂きますので予めご了承下さい。弊社の提供するサービス、及び勝馬投票券は個人の責任において購入、ご利用ください。弊社が提供する情報又はサービスによって受けた利益、損害に関して弊社は一切関知せず、その責任は全て会員登録者個人になるものといたします。当サービスから提供される情報は、そのサービス内容や正確性等につきましては一切保証しておりません。又、弊社が提供する買い目情報及びキャンペーンの内容は100%の的中や払い戻し金を保障するものでは御座いません。弊社で同精度、もしくはそれに近い情報と判断した情報が複数存在した場合、会員毎に提供する情報を個別に変更する場合があります。有料情報の購入は必ず予め利用規約に同意の上でご利用下さい。競馬法第28条により、未成年者の勝馬投票券購入は禁止されており、勝馬投票券の代理購入等は一切行っておりません。・馬券の購入は個人の責任において行ってください。・当社の情報料はあくまでも分析的調査費用であり、的中を保証するものではありません。・当社の情報利用により生じたいかなる損害について、一切の責任は負いかねますのでご了承下さい。
利用規約  プライバシーポリシー