昨年のリーディングで4位だった

内田博幸も巻き返しは必至だ。

「11年5月の大井競馬場で落馬し、

12年1月、8カ月ぶりに復帰してからは、

3冠馬ゴールドシップとのコンビで

ターフを沸かせてくれました。

今年はトップに返り咲くんじゃないですかね。

ウチパクさんは、たとえ

レース中に片方のアブミが外れても、

両膝を巧みに締めて、

諦めずに追ってくれる一流ジョッキー。

有力馬がひしめく栗東の調教師からも

絶大な信用を得ています」

(トラックマン)

頸椎歯突起骨折という大ケガで

昨年はスタートが遅れたとあって、

「格付け」ではノーザンF系

Bランクに位置しているが、

体に何ら問題がなければその腕前は

Aランクというわけだ。

さらに内田博には際立つデータがある。

池江厩舎との相性が抜群。

なんと〈3201〉で6戦5連対

(単勝回収率143%、複勝回収率125%)。

関東で池江厩舎の馬に

ウチパクが騎乗する時は迷わず買いだ。

また、社台F系のBランクながら、

北村宏司と三浦皇成からも目が離せない。

「北村宏は化ける可能性が高い。

休日の月曜日だけでなく、

ふだんの調教が終わると、

短期放牧先のミホ分場などに

馬の様子を見に行ったりしているんだよね。

社台だけでなく、

ダイワの冠で知られる馬主さんからも

信頼を得ている。

ダイワメジャーやダイワスカーレットのコンビで

GⅠを制したアンカツさんの騎乗数が激減している今、

主戦的な存在だからね」

(元調教師)

武豊2世とまで騒がれた三浦も、

同期で昨年のリーディングに輝いた

浜中俊の大ブレイクを目の当たりにして

巻き返しに躍起だ。

「昨年3月から心機一転、

フリーから鹿戸雄一厩舎の所属となった。

鹿戸師といえば騎手時代に

日本騎手クラブの副会長を務め、

藤沢和厩舎で技術調教師として学ぶなど、

温厚で人脈の広い人。

その鹿戸師の下、

皇成の騎乗センスが花開きつつある。

休日に北海道の社台Fに勉強に行ったりしていて、

その成果の表れが昨年の北海道リーディングでした」

(前出・トラックマン)

非社台、特にマイネル軍団

(ラフィアン、ビッグレッドファーム)の

Aランクに君臨する柴田大知は、

今年も主戦ジョッキーとして活躍しそうだ。

「昨年、マイネル軍団の馬に395回、

2番目の丹内祐次よりも

100回以上も多く騎乗してます。

やはり弥生賞をコスモオオゾラで制した実績が大きかった。

障害レースの落馬事故後には、

マイネルの関係者から

『もう障害に乗るな』

と声をかけられたほど、評価されています」

(スポーツ紙記者)

そのマイネル軍団のランク争いも熾烈を極める。

「社台から武豊が干されたように、

マイネルから丸田恭介がクビ宣告を受けたり、

後藤浩輝の落馬後遺症が癒えなかったりと、

丹内や大野拓弥、津村明秀らで競り合ってます。

皆、美浦トレセンから車で1時間ほどの育成牧場

『ビッグレッドファーム鉾田』に顔を出し、

騎乗馬の確保に余念がありません。

かつて主戦ジョッキーだった

松岡正海にとっては、勝負の年でしょう」

昨年リーディング14位、

浜中クラスの騎乗数800回以上と、

調教師からも高く評価されている川須栄彦に注目するのは、

前出・I氏だ。

「昨年、重賞で4回連対していますが、

全て4コーナーを先頭で回っています。

4月のアンタレスSでは11番人気の

アイファーソングで逃げて2着。

暮れの愛知杯でも7番人気の

エーシンメンフィスで逃げて優勝。

見事にレースを支配していました。

今年はもっと活躍するのでは」

3月には大井の戸崎圭太が

JRAに移籍することが確実視されており

「格付け」も変動する可能性がある。

格の違い、厩舎との相性を見極めて、

馬券戦略に生かしてもらいたい。

競馬関係者情報

トレセン関係者が語る。

「日本では、所属する厩舎が

管理する馬への騎乗を優先させなければならず、

騎乗したい馬に乗れない不満もあった。

でもエージェントに頼めば

厩舎とのしがらみもなく、

レースにだけ集中して馬に乗れる。

つまり、優れた騎手が優れた馬に乗る、

というアスリートなら当たり前のことが、

ようやく彼によって示されたのです。

それまでの競馬サークルには

まだ徒弟制度が残っていて、

満足に稼いだ金をもらえない騎手もいるほどでした」

岡部氏により近代化が図られたのはよかったが、

デメリットもあったようだ。

先のエージェントが言う。

「岡部さんは1つのレースに

複数の騎乗依頼があった場合、

騎乗できない馬への依頼を(松沢氏を通して)

みずからを慕う

蛯名正義や柴田善臣、

田中勝春らの“子分”に振り分けた。

そうすれば、その馬を

他の騎手に取られる心配をせずに済むからです。

そこからいわゆる

『岡部ライン』というものが出来上がり、

レースにも反映するようになってしまった。

岡部さんが逃げたりすると、

子分騎手は絶対に競ったりしないのです。

結果、

『スローペース症候群』が蔓延したことも‥‥」

こうした談合めいたレースは

熱心な一部ファンの不評を買い、

JRAにも

「スリルのないレースの一因となっている

エージェントの存在を認めているのか」

との問い合わせがしばしばあったという。

むろんJRAはそのたびに、

「認めてはいない」と言ってきたが、

時代の流れにはいつまでも逆らえなかった。

岡部氏を見習って騎手がどんどんフリー化し、

エージェント制を導入する中、

とうとうJRAも06年春、

正式に認めざるをえなくなる。

「騎乗依頼仲介者」

として届け出ることを義務づけたのだ。

JRAは現在、公正確保のために、

1人のエージェントに対し、

担当できる騎手3人+減量騎手(見習い騎手)、

または外国人騎手1人という制限を設け、

許可している。

正式に認められたエージェントの主な業務は、

大きく分けて次の二つ。

①担当騎手の騎乗馬の確保。

「今度、あの馬にうちの

○○を乗せてもらえませんか。

空いてますから」

と営業活動もする。

②騎乗依頼の整理。

同じレースに複数の依頼が来た場合、

それを自分が担当している別の騎手に振り分ける。

だが、この兼業実態に元エージェントは、

こんな疑問を投げかけるのだ。

「兼業はよくない、

と誰もが内心では思っています。

担当の騎手に脈のある馬を用意する一方で、

その馬が出るレースの予想行為

(◎○▲などの印を打つ)も行っているわけで、

あらぬ問題が生じかねない」

そのため、

“エージェントの思惑を読んで馬券を買わなくてはダメだ”

とも。

本来は、欧米のように

専門職として独立させるべきだというのだ。

競馬関係者情報

複数の競馬関係者の話をもとに、

社台・非社台の馬主たちの

“査定”を記したのが、

「騎手の格付けランキング」である。

Sランクには外国人の4人、

次いでAランクに国内トップジョッキーが位置する形だ。

外国人ジョッキーの4人は欧州での評価も高く、

4人の順位は依頼する馬のタイプなどで変わるほど、

甲乙つけがたいという。

前出とは別の個人馬主が話す。

「社台帝国を支える吉田3兄弟でも

主戦ジョッキーはそれぞれ違っていて、

ノーザンファーム系

(サンデーレーシング、キャロットファーム、シルク)の

代表の勝巳氏はスミヨン、

社台ファーム系

(社台レースホース、グリーンファーム)の

照哉氏は、M・デムーロがお気に入りです。

彼らを乗せて結果が出なければ

諦めがつくというほど信頼を寄せてますね。

あえてこの4人を比較するなら、

スミヨンとM・デムーロが『剛』、

ウィリアムズ(35)とルメール(33)が

『柔』のタイプでしょうか」

馬主、調教師の外国人ジョッキー好きは、

何も社台軍団ばかりではない。

スポーツ紙デスクが話す。

「昨年、わずか6頭の出走だけで

収得賞金3億円以上を稼いだ

“ハマの大魔神”こと佐々木主浩氏は、

後輩で馬主の三浦大輔氏に

『勝ちたいなら外国人騎手を乗せろ』

なんて軽口を叩いていました(笑)。

馬主たちの“外国人偏重路線”は、

まだまだ続きそうですね」

とはいえ、

日本人ジョッキーたちも黙って見ているつもりはない。

専門紙トラックマンが話す。

「オルフェーヴルが凱旋門賞に出走する際、

それまでの池添謙一から

スミヨンに乗り替わったじゃないですか。

トレセン内では

『日本馬と日本ジョッキーで勝たなくちゃ意味がないだろ』

なんて声も多かったんです。

池添も悔しい思いをしたでしょうしね。

それに池添だけでなく、

国内トップの騎手たちは皆、

内心は忸じく怩じたる思いだったと思いますよ。

明日は我が身ですから。

そういう意味では、

一時期

『重賞の1番人気で弱い』

なんて言われた岩田康誠が、

昨年はJRA史上最多タイとなる

年間GⅠ6勝をあげ、

自信を深めている。

今年は4冠馬ジェンティルドンナで

その凱旋門賞に参戦する予定ですから、

ぜひとも期待したいですね」

調教師からの絶大な信頼度を誇る

東のベテラン組・蛯名正義と横山典弘も健在なだけに、

今年のGⅠ戦線も楽しみだが、

注目したいのが、

今季早くも12勝(1月14日現在)

をあげている福永祐一。

昨年の獲得賞金額トップの岩田より

数値で大きく上回るデータがあるというのだ。

本誌競馬連載陣の伊吹雅也氏が指摘する。

「12年のJRA重賞の成績を見ると、

岩田騎手の継続騎乗馬での勝率は25%と強烈。

ですが、乗り替わりになると8・1%、

連対率は43・8%から16・2%まで下がります。

その点、福永騎手は継続騎乗で

勝率18・8%、乗り替わりでも13・3%、

連対率を見ても31・3%から26・7%と、

5%ほどしか下げていません。

継続騎乗馬での破壊力こそ岩田騎手に劣りますが、

乗り替わりなら福永騎手のほうが断然上。

岩田騎手に人気が集まるようなら馬券的妙味も十分です」

重賞だけでなく、

特別戦全体まで広げても同じような傾向だけに、

馬券作戦のポイントとして頭に入れておいて損はないだろう。

競馬関係者情報

競馬会員募集

※当サイト内のサイト名、文言、画像、内容を含む全ての著作権は競馬関係者情報公開ブログに帰属し、許可なく転用、転載を行う事を固く禁じます。もし許可なく上記が行われた場合には損害賠償を請求させて頂くと共に、記載内容の全削除を強く求めさせて頂きますので予めご了承下さい。弊社の提供するサービス、及び勝馬投票券は個人の責任において購入、ご利用ください。弊社が提供する情報又はサービスによって受けた利益、損害に関して弊社は一切関知せず、その責任は全て会員登録者個人になるものといたします。当サービスから提供される情報は、そのサービス内容や正確性等につきましては一切保証しておりません。又、弊社が提供する買い目情報及びキャンペーンの内容は100%の的中や払い戻し金を保障するものでは御座いません。弊社で同精度、もしくはそれに近い情報と判断した情報が複数存在した場合、会員毎に提供する情報を個別に変更する場合があります。有料情報の購入は必ず予め利用規約に同意の上でご利用下さい。競馬法第28条により、未成年者の勝馬投票券購入は禁止されており、勝馬投票券の代理購入等は一切行っておりません。・馬券の購入は個人の責任において行ってください。・当社の情報料はあくまでも分析的調査費用であり、的中を保証するものではありません。・当社の情報利用により生じたいかなる損害について、一切の責任は負いかねますのでご了承下さい。
利用規約  プライバシーポリシー