「株式会社レオ」がアイビスSDに出走させる

レオパステルについて。

何年か前までは、

「レオ」の冠名と言えば

「株式会社レオ」の所有馬で、

その代表を務めていた

田中竜雨氏(故)の本業は、

石川県でパチンコホールなどを展開していた

「淡路物産株式会社」の代表取締役でした。

そして先代が亡くなられてからは、

田中博之氏が、「株式会社レオ」と

個人名義の両方で「レオ」の

冠名を引き継いでおり、

JRAで現役の所有馬は、

「株式会社レオ」名義の10頭となっております。

一番の「稼ぎ頭」は、これまでに

1億6628万円の賞金を獲得している

レオアクティブですが、

昨年の京成杯AHを勝ってから出走させた重賞では、

スワンSが9着、マイルCSが15着、

阪神Cが8着、阪急杯が10着と、

京王杯SCが4着と結果を出せていませんので、

現在の田中オーナーは、

「重賞を勝ちたい」

という思いが募っていることでしょう。

また、「株式会社レオ」は、

これまで毎年のようにセールで馬を購入していて、

昨年は、

「株式会社レオ」の名義
HBAサマーセールで
1頭を600万円で購入

田中オーナーの名義
JRAブリーズアップセールで
1頭を300万円で購入、

HBAサマーセールで
2頭を1280万円で購入、

HBAオータムセールで
2頭を310万円で購入

と、計6頭に

総額2490万円の資金を使っており、

今年も、株式会社レオの名義
セレクトセールで
1頭を1500万円で購入、

HBAセレクションセールで
1頭を770万円で購入

と、計2頭に

総額2270万円の資金を使っています。

また、昨年も含め、

これまでのセールでの購入状況を踏まえると、

恐らく、

HBAサマーセールなど

今後のセールで何頭かを購入するでしょうから、

現在は、

「セールで使った資金の回収を完了させて
今後の購入資金も確保しておきたい」

という思いも強く抱いている筈です。

そして今週は、

1着賞金が3800万円
(馬主の取り分は8割の3040万円)の

アイビスSDにレオパステルを出走させる訳ですから、

私がオーナーの立場であれば、

この馬を管理している奥平調教師に対して、

メイチの勝負仕上げを指示しますし、

追い切りの様子からも

上位に食い込む可能性は十分にあると思います。

当日買い目をご希望の場合は、

以下よりお申込み下さい。

競馬関係者情報

■吉田隼人騎手

これまでの実績
6601戦501勝
(今年は25勝で現在はリーディング29位)

↓今週の主な騎乗予定馬↓

セレブリティモデル(クイーンS)
トラストワン(漁火S)
マスイデア(美利河特別)
グリーンラヴ(北洋特別)
など計14頭

一般的にはあまり知られていませんが、

吉田隼人騎手は、競馬関係者の間で

「大のダーツ好き」と言われていて、

これまで何度も、

藤田伸二騎手、藤岡佑介騎手、

荻野琢真騎手といった

他の関係者達と共にダーツを楽しんでいます。

過去には、東京競馬場で騎乗した後、

その日の夜、横浜で行われた

ダーツの大会に参加したこともあるようです。

この夏は函館を拠点に騎乗している為、

日曜日の夜、

函館市内のダーツバーを訪問すれば、

同騎手を目撃できるかもしれません。

■大庭和弥騎手

これまでの実績
3376戦111勝
(今年は2勝で現在はリーディング105位)

↓今週の主な騎乗予定馬↓

チョイワルグランパ(BSN賞)
トウショウアトム(岩室温泉特別)
など計6頭

1月19日(土)のアレキサンドライトSでは、

10番人気のチョイワルグランパを勝利に導き、

7月6日(土)の天の川Sでも、

13番人気のメイショウサミットを勝利に導くなど、

今年、伏兵馬での活躍が目立っている大庭騎手は

競馬関係者の間で

「大のラーメン好き」

として知られています。

小倉開催で騎乗する際は、
「福来家(ふくや)」
(北九州市小倉南区徳力)や

「ぎょらん亭」
(北九州市小倉北区三郎丸)

といった店舗を何度か訪問していて、

新潟開催で騎乗する際は、

「東掘石門子(ひがしぼりせきもんし)」
(新潟県新潟市中央区東堀通9番町)や

「いっとうや」
(新潟市中央区紫竹山)

といった店舗を何度か訪問しているようです。

小ネタ

青山オーナーがアイビスSDに登録している、

フォーエバーマークについて。

青山オーナーは、東京都渋谷区に本社を構え、

全国に90店舗以上の

美容室・サロンを展開している

「モッズ・ヘア」や、

テレビCMなどでお馴染みの

「モッズ・ヘア」ブランドのシャンプー

ヘアケア商品などの開発販売を手掛けている、

「株式会社エム・エイチ・グループ」の取締役会長です。

青山オーナーは、

携帯電話の加入代行や販売といった

「通信サービス業」を軸に、

「介護事業」や「デジタルコンテンツ事業」

などにも手を拡げ、2005年、

「モッズ・ヘアジャパングループ」の

株式を70%取得してからは、

先ほど書いたように「美容事業」を

中心に事業を拡大されています。

現在、

「モッズ・ヘア」のサロン数は300を超えており、

国内だけではなく、

「美容大国」と言われている韓国にも

20店舗を出店するなど、

国際的に事業を展開していますので、

「モッズ・ヘア」は既に

「世界的ブランド」

として認知されているのでしょうし、

同社の礎を築いた青山オーナーが

「優秀な人物」

であるのは誰もが認めるところでしょう。

そして、JRA馬主としての青山オーナーは、

2003年から持ち馬を走らせ始めてから、

これまで110頭近くをお持ちになられており、

代表的な存在には、

2004年のニュージーランドTを含む
重賞2勝を上げたシーキングザダイヤや、

2009年のフィリーズレビューを含む
重賞4勝を上げたワンカラット

などがいます。

その青山オーナーは、

セールで積極的に馬を購入している方で、

フォーエバーマークも2009年の

「セレクトセール」において、

2000万円で購入していますが、

過去3年だけを見ても、

2012年→「セレクトセール」で
1頭を1400万円で購入

2011年→「HBAトレーニングセール」と
「セレクトセール」で
4頭を7650万円で購入

2010年→「セレクトセール」で
3頭を4300万円で購入

と、計8頭に

総額1億3350万円の資金を使っていました。

そして、

今年の「セレクトセール」においても、

「アーヴェイの2012」
(牡・父ディープインパクト)を

1億1000万円で購入していましたので、

現在の青山オーナーは、

「セールで使った資金をすぐに回収しておきたい」

と考えている筈です。

その上、

今年に入ってから先週までの青山オーナーは、

フォーナインキングと

ブルーチッパーで勝った

3歳未勝利の2勝のみに留まっていて、

獲得賞金は8199万円と、

既に半年が過ぎているにも関わらず、

昨年の2億9635万円の

3分の1以下となっているのですから、

今週以降の青山オーナーが、

全力で巻き返しを図ってくるのは

間違いないでしょう。

フォーエバーマークを管理している

矢野調教師に対して、

メイチの勝負仕上げの指示が出ている可能性が高く

デキは前走の函館スプリントSの時よりも

上向いているとの事ですので、

この馬が馬券に絡んでくる可能性は

大いにあると思っています。

※当日の予想を閲覧したい場合は
以下より会員申し込みをお願い致します。

競馬関係者情報

競馬会員募集

※当サイト内のサイト名、文言、画像、内容を含む全ての著作権は競馬関係者情報公開ブログに帰属し、許可なく転用、転載を行う事を固く禁じます。もし許可なく上記が行われた場合には損害賠償を請求させて頂くと共に、記載内容の全削除を強く求めさせて頂きますので予めご了承下さい。弊社の提供するサービス、及び勝馬投票券は個人の責任において購入、ご利用ください。弊社が提供する情報又はサービスによって受けた利益、損害に関して弊社は一切関知せず、その責任は全て会員登録者個人になるものといたします。当サービスから提供される情報は、そのサービス内容や正確性等につきましては一切保証しておりません。又、弊社が提供する買い目情報及びキャンペーンの内容は100%の的中や払い戻し金を保障するものでは御座いません。弊社で同精度、もしくはそれに近い情報と判断した情報が複数存在した場合、会員毎に提供する情報を個別に変更する場合があります。有料情報の購入は必ず予め利用規約に同意の上でご利用下さい。競馬法第28条により、未成年者の勝馬投票券購入は禁止されており、勝馬投票券の代理購入等は一切行っておりません。・馬券の購入は個人の責任において行ってください。・当社の情報料はあくまでも分析的調査費用であり、的中を保証するものではありません。・当社の情報利用により生じたいかなる損害について、一切の責任は負いかねますのでご了承下さい。
利用規約  プライバシーポリシー