社台グループが競馬界で台頭し、

今日の「社台一人勝ち」

状況の礎を築いた背景には、

種牡馬ノーザンテーストの成功が大きかった。

その一人勝ちをさらに決定づけ、

社台の地位を不動のものとした馬が出現した。

94年に衝撃的な種牡馬デビューを果たし、

あらゆる種牡馬記録を塗り替えた

「怪物種牡馬」サンデーサイレンスである。

サンデーサイレンスは、

社台の創始者である吉田善哉氏が

89年のブリーダーズカップ・クラシックを

現地で見てホレ込み、

「この馬に壮大な夢を託したい」

と心に誓って入手した馬だった。

事実、その期待はみごとにかなったが、

善哉氏自身はサンデーサイレンス産駒の

華々しい活躍ぶりを見ることなく、

92年に亡くなってしまう。

サンデーサイレンスという善哉氏の遺産、

そして巨大事業を引き継いだのは、

いわゆる「吉田三兄弟」と呼ばれる

3人の息子、すなわち

長男・照哉氏、次男・勝己氏、三男・晴哉氏だった。

サンデーサイレンス導入に関しては、

こんなエピソードがある。

「サンデーは、もともと

アメリカで種牡馬入りする予定だったものを、

1年以上に及ぶ長い交渉の末に、

社台が手に入れたものです。

EVA(ウイルス性動脈炎の予防注射)を打つと、

日本の法律では輸入ができなかったのですが、

それを打つ寸前で、

照哉氏が止めたそうです。

最終的には16億5000万円もの

大金をはたいて手に入れましたが、

向こうでは母系が弱いために

2頭しか種付けの申し込みがなかったと聞きます。

もし日本にやって来ることがなければ、

あの馬の運命も変わっていたことでしょうね」

(生産関係者)

こうして日本にやって来たサンデーサイレンス。

競馬ファンなら誰もが知るように、

日本の競馬界を激変させるほどの

偉大な業績を残したが、

その一つに、

社台グループが中心になって98年に始めた

「セレクトセール」がある。

サンデーが種付けしてできた仔をセリにかけて、

初回から1億円を超える取引馬を輩出。

サラブレッド売買の形態を変える

「流通革命」を起こしたのだ。

前出・生産関係者はこう言う。

「日本のサラブレッド売買は、

従来は庭先取引

(牧場での、馬主と生産者間での私的な取り引き)

がほとんどで、おなかの中にいる時から、

買い手が決まっているような状況だったのです。

ところが、それではなれ合いが生まれやすいし、

新規参入者が参加しづらい。

そこで社台は、誰でも買えるようにして、

流通の活性化を図ったのです」

結果、庭先取引の「価格の壁」

と言われた5000万円を打ち破り、

トップクラスの馬を1億円はおろか、

3億円以上にまで

引き上げることができるようになったのである。

競馬関係者情報

馬の使い方などを巡って

調教師とやり合ったこともたびたび。

名馬アンバーシャダイを管理していた

二本柳俊夫調教師も

「よく喧嘩をしたものだ」

と苦笑いしながら証言している。

かようにワンマンだった善哉氏だが、

面倒見はよかった。

馬をより知りたい者には丁寧に

(時にはダジャレも交えて)

対応し、シンパを数多く作っていった。

「頑固でアクの強い人でしたが、

それだけにカリスマ性もあった。

彼に魅せられた者は数知れない。

井崎脩五郎や

芹澤邦雄(元スポーツ記者)

などはその最たるもの。

芹澤なんかはそのため、

どのレースでも社台の馬に

◎をつけるありさまだった。

善哉氏が、彼らを行きつけの小料理屋や

寿司屋でたびたび接待していたのは、

競馬関係者なら知らない者はいない」

(厩舎スタッフ)

また、自民党の実力者だった河野一郎氏、

その息子の河野洋平氏とは強いパイプを持っていた。

さらに見逃すことができないのは、

善哉氏の妻が日本競馬会副理事長だった

長森貞夫氏の長女であること。

これにより、競馬界に

ニラミを効かせることができたのだ。

クラブに話を戻す。

勢力を伸ばしてきた

社台サラブレッドクラブへの不満は、

当然のように、個人馬主から発せられた。

クラブの馬がどんどん多くなっていって、

自分の馬を厩舎に預けるのが

難しくなったからである。

そのため、

社台との関係の薄い馬主から競馬会に、

クラブ馬主の馬房制限の願いが出た。

「正式な馬主資格を持っていない者たちのクラブ馬が、

限りある馬房を塞いでいっていいのか」

というわけである。

結局、この主張は

さまざまな議論があった末に認められ、

89年、同一馬主馬の入厩制限が

1馬主につき120頭が上限と決められた。

「これには社台側もすぐさま反発し、

なら、別のクラブを立ち上げることにしよう

(馬を分散しよう)

と考えてできたのが

『日本ダイナースサラブレッドクラブ』

(現在の『サンデーサラブレッドクラブ』)です」

(スポーツ紙レース部デスク)

実は、それよりももっと問題なのはレース面。

同じレースに社台サラブレッドクラブの馬が

何頭も出てきてしまうケースが出てきたから、

予想をする側、

馬券を買う側が(展開面など)

頭を抱え込むようになってしまったのだ。

ベテラントラックマンが言う。

「典型的だったのが、87年の新潟記念。

逃げた社台の馬ダイナフェアリーを、

他3頭の社台の馬は追いかけようともせず、

やすやすと逃げ切らせてしまった。

これは物議を醸しましたね」

こうした背景の下、

社台はますます権力を強めていくのである。

競馬関係者情報

まず82年にテスコボーイから

リーディングサイヤーの座を奪い取ると、

その座を11年連続で「防衛」。

その間には、善哉氏の悲願だった

日本ダービー制覇(86年)も

同種牡馬の仔、

ダイナガリバーで成し遂げた。

この成功により、社台は量だけでなく、

質の面でも申し分のない

オーナーブリーダーとして認知される。

このノーザンテースト旋風が吹きまくった10年間ほどが、

社台の第1期黄金時代と言えるが、

実はノーザンテーストの仔が走り始めるまでは、

なかなか馬が売れずに苦しんだ。

ひとつには、ノーザンテースト以前に

社台が導入した種牡馬が不振だったこと。

そして不景気による馬主の買い渋りもあった。

もともと日本の税制のもとでは

馬を持つことは難しいと言われるが、

オイルショック後の不景気で

馬主のなり手が激減し、

馬が売れなくなっていたのだ。

「救いとなったのは、

80年に日本最初のクレジットカード会社

ダイナースクラブから会員制クラブ馬主設立、

いわゆる一口馬主制度の話を持ちかけられ、

『社台ダイナースサラブレッドクラブ』

(現在の『社台サラブレッドクラブ』)

を始めたことでした」

こう語るのはさる馬主関係者。

競馬ファンなら誰しもが馬を持つことを夢みるが、

馬代金の20分の1の投資で、

中流階級の人たちに

「馬主気分」を味わえるようにしたのである。

この新たな馬主層の開拓が、

今日の「社台1強」の礎となったことは疑いようがない。

この一口馬主制度は提供する馬の質だけでなく、

サービス面でも既存のクラブを圧倒するものだった。

のちに10人に限り口取りまでできるようになるほどだ。

先の馬主関係者が続ける。

「もともと社台は、

クラブ馬主のはしりである

『ターファイトクラブ』が

一番のお得意さんだったこともあり、

そこから運営のノウハウをつかんでいた。

だから難なくスタートできました。

やれば、産地直送で馬を売れる

というメリットも生かせますしね」

ターファイトクラブは、

いわゆる会員制馬主クラブの先駆け。

現在は、北海道日高地区を中心に、

40以上の生産牧場が集まって運営する、

馬産地直結型のクラブである。

問題は、クラブのイメージアップにつながるような

「走る馬」を出せるかどうかだった。

「走る馬」さえ出れば、

会員も増えていくし、その分、

馬も売りやすくなる。

だが当時

「クラブ馬はそこそこ走る馬を出しても、

大レースは勝てない」と言われ、

実際、中山大障害を勝つのが関の山だった。

「ところが社台サラブレッドクラブは違った。

第1期からオークス馬ダイナカール

(父はノーザンテースト)

を出しましたからね。これが大きかった」

(ベテラントラックマン)

競馬関係者情報

競馬会員募集

※当サイト内のサイト名、文言、画像、内容を含む全ての著作権は競馬関係者情報公開ブログに帰属し、許可なく転用、転載を行う事を固く禁じます。もし許可なく上記が行われた場合には損害賠償を請求させて頂くと共に、記載内容の全削除を強く求めさせて頂きますので予めご了承下さい。弊社の提供するサービス、及び勝馬投票券は個人の責任において購入、ご利用ください。弊社が提供する情報又はサービスによって受けた利益、損害に関して弊社は一切関知せず、その責任は全て会員登録者個人になるものといたします。当サービスから提供される情報は、そのサービス内容や正確性等につきましては一切保証しておりません。又、弊社が提供する買い目情報及びキャンペーンの内容は100%の的中や払い戻し金を保障するものでは御座いません。弊社で同精度、もしくはそれに近い情報と判断した情報が複数存在した場合、会員毎に提供する情報を個別に変更する場合があります。有料情報の購入は必ず予め利用規約に同意の上でご利用下さい。競馬法第28条により、未成年者の勝馬投票券購入は禁止されており、勝馬投票券の代理購入等は一切行っておりません。・馬券の購入は個人の責任において行ってください。・当社の情報料はあくまでも分析的調査費用であり、的中を保証するものではありません。・当社の情報利用により生じたいかなる損害について、一切の責任は負いかねますのでご了承下さい。
利用規約  プライバシーポリシー