「シルクホースクラブ」が

関屋記念に登録している、

シルクアーネストについて。

一口馬主クラブの「シルクホースクラブ」は、

電子機器の組み立てや

加工などを手掛けている

「月電工業株式会社」の関連会社です。

また、

同社の代表取締役会長を務めている伊東純一氏は、

「グラス」の冠名を使用している法人馬主

「半沢有限会社」の代表でもありますので、

「シルク」の馬と「グラス」の馬が

同じレースに出走してくる場合は、

「実質的に2頭出し」と考え、

「どちらが勝負懸かりなのか」

を慎重に検討するべきですが、

関屋記念に「グラス」の馬は登録していませんので、

「純粋にクラブとして勝ちにきた」

と判断できるでしょう。

「シルク」の代表的な存在として、現役馬は、

11年のプロキオンSと

12年の根岸SとカペラSを勝った

シルクフォーチュンや、

昨年の阪神ジュベナイルFを勝った

ローブティサージュ

といった名前が挙げられます。

そして「シルク」では、

計62頭いる

「現2歳世代の募集馬」について、

昨年の9月25日(火)から出資を受け付けていますが、

もう1年近くが過ぎているにも関わらず、

これまでに満口となっているのは29頭のみで、

残りの33頭に関しては、

現在も募集中となっています。

更に同クラブは、

「現1歳世代の募集馬」についても、

既に計55頭のラインナップを発表していて、

そちらに関しては、

9月17日(火)にパンフレットを発送し、

それから10月2日(水)まで一時募集を行い、

10月19日(土)からは

二次募集を行う予定となっています。

そこで、

現在はクラブの関係者全員が、

「過去の募集馬を活躍させて、
出資を検討している顧客層に好印象を与えたい」

と強く願っている事でしょう。

また、

今年に入ってから先週までに「シルク」は、

26勝を上げて獲得賞金を

4億7941万円としていますが、

重賞に関しては「18戦0勝」

という成績に終わっております。

しかし、

シルクアーネストで関屋記念を勝てば、

「今年初の重賞制覇」となる上、

出資を検討している顧客層に、

「ここの募集馬は走る」

という印象を与えることができ、そうなれば、

2歳馬と1歳馬のどちらも、

出資者の増加が見込め、

クラブの売り上げ増加に繋がるのは間違いありません。

よって、この馬を預けている池添調教師に対し、

勝負仕上げを依頼している可能性が高い為、

最終追い切りの内容など、

今後の動向を念入りに確認していきます。

買い目予想をご希望の場合は
競馬会員にお申込み下さい

競馬関係者情報

「タガノ」の冠名でお馴染みの八木良司オーナーは、

育成施設「宇治田原優駿ステーブル」と、

北海道にある生産牧場「新冠タガノファーム」を

所有するオーナーブリーダーでもあります。

既に馬主としてのキャリアが

25年近くとなる八木オーナーですが、

早い段階から生産牧場や

育成施設を所有していた訳ではなく、

00年の東京スポーツ杯3歳Sを制したタガノテイオーが、

同年の朝日杯3歳Sで予後不良となってしまったことや、

その後、GIを勝てなかったことが、

生産と育成に対する興味を強くし、

02年頃に「宇治田原優駿ステーブル」を設立、

03年頃に「新冠タガノファーム」を設立

という経緯に至ったそうです。

そして八木オーナーと言えば、

これまでに300頭近くを所有している上、

過去には

京都馬主協会の会長を務めた経験がありますので、

誰もが認める「競馬界の重鎮」と言えるでしょう。

また、

現在は計43頭を所有していますが、

今年に入ってから先週までの成績は、

「5勝・獲得賞金1億4381万円」

となっており、

勝利数と獲得賞金のどちらも、

「23勝・獲得賞金3億8700万円」だった

昨年の半分以下という状況ですから、

今は間違いなく

「何が何でも巻き返したい」

という気持ちを強く抱いている筈です。

そして今週の八木オーナーは、

賞金の高い特別レースに

計4頭を登録してきましたので、

各馬にどんな思惑が込められているのかを、

最後まで念入りに確認する必要があります。

↓今週の主な登録馬↓

タガノロックオン(阿蘇S)
タガノキャプテン(マレーシアC)
タガノジョイナー(オホーツクハンデキャップ)

買い目を希望の場合は
競馬会員にお申込み下さい

競馬関係者情報

一口馬主クラブ
「東京ホースレーシング」の前身は

「ユーワホースクラブ」でしたが、

その後は、パチンコ機器販売大手

「フィールズ株式会社」の代表取締役会長であり、

JRAの馬主としては、

ペルーサなどでお馴染みの山本英俊オーナーが

クラブの権利を取得し、

2007年7月4日付で

「東京ホースレーシング」に

名称を変更しております。

なお、それ以降は

「レッド」の冠名で所属馬を走らせており、

現在は、

「東京ホースレーシング」の代表を、

山本オーナーの奥様である山本洋子さんが務めていて、

愛馬会法人
「東京サラブレッドクラブ」の代表は、

中山馬主協会の会長である

西川賢オーナーの異母弟であり、

プロゴルファーでもある

西川哲氏が務めていることも、

ご存知の方も多いと思います。

同クラブにおいて過去の主な活躍馬と言えば、

09年の秋華賞を制したレッドディザイアや、

11年の七夕賞などを制したイタリアンレッドが、

すぐに思い出せるところでしょう。

また、

11年の鳴尾記念をレッドデイヴィスで制してから

現在まで、同クラブは

「重賞で29連敗中」

となっていますので、

現在はクラブの関係者全員が、

「そろそろ重賞の連敗を止めたい」

という気持ちを強く抱いている筈です。

更に同クラブでは、

「現2歳世代の募集馬」に関して、

昨年の7月15日(日)に

計34頭のラインナップを発表し、

それから出資を受け付け、

その内、

カレンブラックヒルの半弟にあたる

「チャールストンハーバーの2011」
(牡・父ゴールドアリュール)など、

計18頭は満口となっていたものの、

残り計16頭は、満口とならずに

今年6月24日(月)の「募集終了」を迎えています。

尚且つ、

恐らく来週には、「現1歳世代の募集馬」の

「全頭ラインナップ」を発表する筈ですから、

今週以降のレースに対しては、

「過去の募集馬を可能な限り活躍させて、
今後の出資者増加に繋げたい」

という思惑を抱いて臨んでくる事でしょう。

そして実際に今週は、

計4頭を特別レースに登録してきましたので、

「どれも勝負懸かり」

と見ておくべきかと思います。

↓今週の主な登録馬↓

レッドクラウディア(阿蘇S)
レッドスパーダ(関屋記念)
レッドマニッシュ(浦佐特別)
レッドストラーダ(新発田城特別)

買い目をご希望の場合は
競馬会員にお申込み下さい

競馬関係者情報

競馬会員募集

※当サイト内のサイト名、文言、画像、内容を含む全ての著作権は競馬関係者情報公開ブログに帰属し、許可なく転用、転載を行う事を固く禁じます。もし許可なく上記が行われた場合には損害賠償を請求させて頂くと共に、記載内容の全削除を強く求めさせて頂きますので予めご了承下さい。弊社の提供するサービス、及び勝馬投票券は個人の責任において購入、ご利用ください。弊社が提供する情報又はサービスによって受けた利益、損害に関して弊社は一切関知せず、その責任は全て会員登録者個人になるものといたします。当サービスから提供される情報は、そのサービス内容や正確性等につきましては一切保証しておりません。又、弊社が提供する買い目情報及びキャンペーンの内容は100%の的中や払い戻し金を保障するものでは御座いません。弊社で同精度、もしくはそれに近い情報と判断した情報が複数存在した場合、会員毎に提供する情報を個別に変更する場合があります。有料情報の購入は必ず予め利用規約に同意の上でご利用下さい。競馬法第28条により、未成年者の勝馬投票券購入は禁止されており、勝馬投票券の代理購入等は一切行っておりません。・馬券の購入は個人の責任において行ってください。・当社の情報料はあくまでも分析的調査費用であり、的中を保証するものではありません。・当社の情報利用により生じたいかなる損害について、一切の責任は負いかねますのでご了承下さい。
利用規約  プライバシーポリシー