競馬界のドンに干され、

生き地獄のごとき屈辱の日々を過ごしてきた武は、

その乗り方にも変化を来したと言われる。

10年3月の毎日杯で落馬し、

左鎖骨遠位端骨折、腰椎横突起骨折、

右前腕裂創という大ケガを負った。

4カ月後に復帰したが、

完全に回復したわけではなかった。

K氏が言う。

「肩の可動域がなかなか元に戻らなかった。

競輪選手は落車してよく鎖骨をケガしますが、

知り合いの競輪選手に患部の写真を見せると、

『これは時間がかかるわ』と言われたそうです。

強くハンドルを握る競輪選手なら

1年近くかかるといわれる重傷でした」

あるトラックマンも曇った表情でこう話す。

「腰痛がとんでもなくひどいらしい。

ある馬主は

『豊君の腰はもうどうにもならないくらいだ』

と言っていました。

だから追えなくなってしまった、と‥‥」

最後の直線で手綱をしごけば、

馬は一気に加速する。

が、これにはかなりの腕力を要するため、

肩の故障は大きなハンデとなる。

「手綱をガンガンしごくだけでなく、

最後の直線スパートまでいかに

ロスなく持っていくかで競馬は決まります。

そこが図抜けてうまかったのが、

今ではアレ?という感じになった。

ケガで体のバランスが悪くなったからでしょう」

(H氏)

結果が出ないうちに、

各厩舎はかつてのように

武一辺倒という騎乗依頼を控え、

情勢は悪くなる。

そこに社台グループとのトラブルも勃発し、

負のスパイラルに陥ったのである。

近年指摘される

「ため殺し」も一因だという。

「昔は前々で競馬する騎手でした。

4コーナーを回った時点の位置取りで

相手を絶望させる乗り方だった。

それが最近は後ろから攻める快感というか、

前に行かせた馬を、ためてためて

バッと差し切る手法に目覚めた」

(前出・K氏)

その追い込みがきかず、

馬群に沈んだままのレースぶりも目立つように‥‥。

そんな状況を見かねて手を差し伸べたのが、

「メイショウ」で知られる馬主、

松本好雄氏だった。

「『一時代を築いた騎手を

このまま埋もれさせるのは忍びない』

と、どんどん馬を回した。

武はそりゃもう、感謝していた」

(前出・トラックマン)

さる競馬サークル関係者もこう明かす。

「腰痛で騎乗数が減ったことで、

武は酒に溺れるようになった。

飲み屋の店員から

『豊さん、ベロンベロンでしたよ』

と聞いたことは一度や二度じゃない。

それぐらい酒の量も増えていた。

それを心配するベテラン騎手は

『もっと節制しないと。このまま終わっちゃダメだ。

何が何でも酒をやめさせたい』

と言っていたよ」

その人望ゆえ、天才を慕う人々はいまだ多く、

トラックマンM氏はこう言うのである。

「まさに不世出のスターであり、

97年に売り上げが4兆円を突破したのも

豊の活躍が大きいわけで、

『豊なくして今の競馬はない』

と断言できます。

確かにここ数年はいろいろ言われているけど、

2年ぶりにGⅠを制したように、

いい馬に乗ればまだまだやれる」

天才の陽はまた昇るか。

競馬関係者情報

スタンドからは久々の

「ユタカ・コール」が湧き上がる。

ウイナーズサークルのお立ち台で

左手をあげて大声援に応えるのは、

当代随一のスター騎手。

実に2年ぶりというGⅠ戴冠の感慨に浸る一方で、

笑顔の奥には、競馬界を牛耳る巨大組織の

「進路妨害」への苦悩が深く刻まれていた─。

「そんなことは言ってません」

「お久しぶりです!

またこういう場に立つことができて、

誰よりも僕がいちばんうれしいです」

マイルCS(11月18日・京都)で

4番人気のサダムパテックを

GⅠ初勝利に導いた武豊ぶりの戴冠という喜びを

自身も2年しめつつ、続けてこうも吐露した。

「GⅠレースだけじゃなく、

勝ち星自体が以前と比べると激減だし、

『こんなはずでは‥‥』

という気持ちでやってきて、

3年くらいたちました」

歴代最多記録を誇る武のGⅠ初制覇は、

デビュー2年目(88年)の菊花賞。

それから23年続いたGⅠ勝利は昨年ついにとぎれ、

今年もダメか‥‥

との感が強まっていた。

マイルCSでどうにか

2年連続V逸は免れたものの、

近年「落日の天才」の様相を呈することになった

重大要因は、思わぬところにあった。

「競馬界最大の勢力、

生産者であり馬主でもある社台グループとの確執です。

現在の競馬は『社台の運動会』と揶揄されるほど、

社台グループの牧場で生産された馬が圧倒的多数、

走っている。

日本の競馬界は社台が牛耳っていると言っていい」

(競馬ライター)

さながらテレビ界、

芸能界におけるジャニーズ軍団のごとく、

圧倒的な力を誇る巨大集団。

それを敵に回したというのである。発端とされるのは、

審議レースとなった10年のGⅠ、

ジャパンカップ(JC)。

1位入線のブエナビスタが

進路妨害で2位降着となり、

2位入線した武騎乗の

ローズキングダムが繰り上がり優勝した。

ローズキングダムは社台グループの牧場

ノーザンファームの生産馬だ。

スポーツライターのK氏が語る。

「当該騎手の武と(ブエナビスタ騎乗の)スミヨンは

検量室でパトロールフィルムを見ながら

裁定委員に事情を聞かれ、

武はそこで『あのブエナはアウトでしょ』

と主張したということになっています。

スミヨンは降着の裁定を

自身のブログで批判的に書いたらしく、

オーナーや関係者にも

同様のことを話しただろうことは想像できます。

社台グループはスミヨン、ルメール、デムーロ

といった外国人を

世界一乗れる騎手と考えて神格化しているから、

言い分を信用したのでしょう」

ブエナビスタもノーザンファームの馬であり、

どちらが勝ってもいいじゃないか、

とはた目には映る。

だが、社台グループの牧場、

社台ファームの代表で、

グループの総帥的立場の吉田照哉氏は

“武発言”を問題視した。

K氏が続ける。

「武本人は『そんなことは全然言ってません。

どんな不利があったかと聞かれて、

“まくりはありました”と答えただけ』

と話していました。

そもそも裁定の中で騎手が

アウトだなどと言えるはずがないし、

言う権限もない。

全ては誤解からくる話でしょう。

武も『自分が(アウトだと)言ったという噂があるんですよね』

と悩んでいましたよ」だが、真実はどうあれ、

「もう武には乗せるな、というお達しというか、

絶縁状が出されました」

(競馬解説者H氏)

吉田氏の逆鱗に触れてしまったのである。

競馬関係者情報

る天才ジョッキー・武豊騎手。

しかし、05年に自己最多となる

年間215勝をあげて以降は、

徐々に下降線を描き始め、

2011年はわずか64勝。

勝率、連対率ともに過去最低に終わり、

デビュー2年目(88年)から続いていたJ

RA「GⅠ連続勝利記録」

も23年でとぎれた。

スポーツ誌デスクが話す。

「今週末、今年最初のGⅠ『フェブラリーS』が行われます。

このレースがGⅠに昇格したのが97年。

ユタカは昨年まで15年連続で騎乗していて、

3勝をあげている縁起のいいレースなんです。

ですが、今年は騎乗依頼がありませんでした」

ところが、10年に同レースを制し、

今年も優勝候補の1頭にあげられる

エスポワールシチーの主戦ジョッキー

佐藤哲三騎手が落馬骨折。

その佐藤哲騎手の代わりに、

武豊騎手が手綱を握ることが決まった。

「サトテツ(佐藤哲騎手)が

『ユタカさんに乗ってほしい』

と代役に指名したんです」(前出・デスク)

JRAの所属騎手全員が加盟する

「日本騎手クラブ」の会長も務める武豊騎手だけに、

騎手たちからの信頼は厚いようだが、

JRAのGⅠ65勝、地方交流GⅠ25勝、

海外GⅠ7勝もしている天才ジョッキーが、

乗り替わりでやっとGⅠに騎乗できるという背景には、

何があるのか。

栗東トレセン関係者が話す。

「武豊が並の成績しか残せなくなったのは、

10年3月に落馬して、4カ月の重傷を負ってから。

完治しないまま復帰したこともあってか、

それ以降、期待を裏切る騎乗が目立ち始めた」

それに拍車をかける形になったのが、

親密な関係だった社台グループ

(競走馬の生産牧場集団)からの

“騎乗禁止宣言”だという。

「きっかけは、復帰後のGⅠ『ジャパンカップ』。

結果的に武豊が乗った

ローズキングダムが優勝したわけですが、

それは、1位で入線したブエナビスタが降着となり、

2位に入線した武豊の馬が

繰り上がりで優勝となったもの。

この時の騎乗ぶりを見た『社台グループ』の総帥

吉田照哉氏が激怒。

『もう、うちの馬にユタカは乗せるな』と、

東西の調教師に伝えたそうです」(前出・栗東関係者)

昨年、史上7頭目のクラシック3冠馬

オルフェーヴルを誕生させるなど、

現在の競馬界は社台グループの

“1強状態”と言っても過言ではない。

ある調教師も、こうボヤく。

「ユタカの件は、それこそ子供のイジメと一緒。

ただ、大将の社台が命令すれば、

子分の調教師は従うしかない。

でもね、競馬が今のように社会的に

認知されるようになった功労者の一人が、

このまま冷遇されていていいのかね‥‥」

乗り替わりとはいえ、今週末のGⅠが

復活のノロシとなるのか。

天才ジョッキーの騎乗に注目が集まる。

競馬関係者情報

競馬会員募集

※当サイト内のサイト名、文言、画像、内容を含む全ての著作権は競馬関係者情報公開ブログに帰属し、許可なく転用、転載を行う事を固く禁じます。もし許可なく上記が行われた場合には損害賠償を請求させて頂くと共に、記載内容の全削除を強く求めさせて頂きますので予めご了承下さい。弊社の提供するサービス、及び勝馬投票券は個人の責任において購入、ご利用ください。弊社が提供する情報又はサービスによって受けた利益、損害に関して弊社は一切関知せず、その責任は全て会員登録者個人になるものといたします。当サービスから提供される情報は、そのサービス内容や正確性等につきましては一切保証しておりません。又、弊社が提供する買い目情報及びキャンペーンの内容は100%の的中や払い戻し金を保障するものでは御座いません。弊社で同精度、もしくはそれに近い情報と判断した情報が複数存在した場合、会員毎に提供する情報を個別に変更する場合があります。有料情報の購入は必ず予め利用規約に同意の上でご利用下さい。競馬法第28条により、未成年者の勝馬投票券購入は禁止されており、勝馬投票券の代理購入等は一切行っておりません。・馬券の購入は個人の責任において行ってください。・当社の情報料はあくまでも分析的調査費用であり、的中を保証するものではありません。・当社の情報利用により生じたいかなる損害について、一切の責任は負いかねますのでご了承下さい。
利用規約  プライバシーポリシー