小倉2歳Sにシゲルガガを出走させる

森中蕃オーナーについて。

森中オーナーは「光証券株式会社」の代表取締役会長を、

2010年まで務めていました。

同社は今年で創業65年目を迎える老舗ですが、

同社が大きく発展を遂げたのは、

森中オーナーが取締役社長に就任した1982年以降で、

1993年に証券会計システムの

「彦左衛門」を導入、

2000年には営業支援システムの

「トレードガード」を導入し、

更には、

代表取締役会長に就任した3年後の2006年には、

投資一任口座「半兵衛」の運用を開始させるなど、

これまで積極的に新しい試みを行ってきた森中オーナーが、

現在の同社の基盤を作ったと言えるでしょう。

そして現在は、

オーナーのご子息である森中寛氏が

「光証券株式会社」の社長を務めていますが、

先ほど書いた通り、2010年に

「光証券株式会社」の会長を退いた森中オーナーは、

それまでよりも競馬に力を入れてきたようです。

と言うのも森中オーナーは、

JRAの馬主歴が30年以上となる大ベテランで、

2009年までは概ね年間10勝前後の成績でしたが、

ここ数年は、

2010年→23勝
獲得賞金3億6899万円

2011年→28勝
獲得賞金4億0807万円

2012年→24勝
獲得賞金4億8874万円

と、明らかに以前よりも成績を上げています。

ただ、今年は、先週までに

13勝・獲得賞金2億8866万円

という状況となっており、

このままのペースですと、

昨年の4億8874万円

には届かない可能性が非常に高いため、

森中オーナーとしては、

「もっとペースを上げて賞金を獲得したい」

という思いを抱いていることでしょう。

加えて、森中オーナーは、

毎年のようにセールで多くの馬を購入しており、

昨年だけでも、

5つのセールで総額1億3730万円を使い、

計53頭を購入している上、

今年も、

5月7日(火)の「HBAトレーニングセール」
→4頭を1580万円で購入

7月8日(月)~9日(火)の「セレクトセール」
→2頭を2100万円で購入

7月16日(火)の「HBAセレクションセール」
→2頭を1100万円で購入

更に、

先週に行われた「HBAサマーセール」においては、

7410万円を使って21頭を購入しています。

当然、現在の森中オーナーが、

「セールで使った資金を一刻も早く回収したい」

という思いも抱いている筈で、

優勝賞金が3000万円
(馬主の取り分は8割の2400万円)

の小倉2歳Sに出走させるシゲルガガについては、

間違いなく「勝負懸かり」と見ていいでしょう。

追い切りでも抜群の時計をマークし、

目イチ仕上げの指示が出た可能性が高いと判断できます。

この馬が馬券に絡んでくる可能性は

大いにあるかと思います。

買い目予想をご希望の場合は
競馬会員にお申込み下さい

競馬関係者情報

栗本博晴オーナーが

札幌2歳Sに登録している、

クリノコマチについて。

栗本オーナーの本業は、

ラジコンバッテリーの輸入販売や、

船舶売買の仲介などを行っている

「株式会社セイキ」

の役員であります。

同社は本社のすぐそばにある

ラジコンのサーキット施設

「RCスタジアムセイキ」

の運営も手掛けていまして、

そこでは毎月第4日曜日に1階の

「アスファルトコース」

で行う月例レースなど、

様々なイベントを開催し、

好評を博しているそうです。

また、

現在の同社が最も力を入れている事業は、

中国の大手リチウム電池メーカー

「ADVANCEDELECTRONICS ENERGY社」

の代理店として行っている、

「ラミネート型リチウム二次電池」や

「円筒型リチウム二次電池」などの販売でして、

それらのため、

ここ数年は全国各地の展示会に多く参加していますので、

同社が、

「業界で一目置かれている存在」

であるのは間違いありません。

JRAの馬主としての栗本オーナーは、

1996年頃から馬を走らせ始めていて、

毎年のようにセールで積極的に馬を購入しており、

昨年も、

「九州トレーニングセール」
→1頭を240万円で購入

「HBAトレーニングセール」
→2頭を730万円で購入

「八戸市場」
→2頭を750万円で購入

「HBAオータムセール」
→6頭を1660万円で購入

と、4つのセールで計11頭に

総額3380万円の資金を投じている上、

今年に於いても、

「JRAブリーズアップセール」で
1頭を350万円で購入

「九州トレーニングセール」で
1頭を300万円で購入

「HBAトレーニングセール」で
3頭を1120万円で購入

「八戸市場」で2頭を
150万円で購入

「HBAセレクションセール」で
1頭を900万円で購入

「HBAサマーセール」で
3頭を830万円で購入

と、6つのセールで計11頭に

3650万円の資金を投じています。

そして、

栗本オーナーは、先々週の札幌記念で、

アスカクリチャンが2着に入り、

賞金2080万円

を獲得していますので、

「セールで使った資金の回収を完了させたい」

という思いを抱き所有馬を出走させてくる筈で、

優勝賞金が2400万円の

札幌2歳Sをクリノコマチが勝てば、

その思いを一気に果たせるのです。

そのため、栗本オーナーは、

この馬を預けている伊藤調教師に対して、

勝負懸かった指示を出している可能性が

非常に高いと言えます。

クリノコマチは、

先週の新馬戦を勝ってからの連闘となりますが、

「連闘による疲労はほとんどない」

と見られていますので、

この馬の「大駆け」には

注意が必要だと思います。

当日買い目を取得されたい場合は
競馬会員にお申込み下さい

競馬関係者情報

競馬会員募集

※当サイト内のサイト名、文言、画像、内容を含む全ての著作権は競馬関係者予想供ブログに帰属し、許可なく転用、転載を行う事を固く禁じます。もし許可なく上記が行われた場合には損害賠償を請求させて頂くと共に、記載内容の全削除を強く求めさせて頂きますので予めご了承下さい。弊社の提供するサービス、及び勝馬投票券は個人の責任において購入、ご利用ください。弊社が提供する情報又はサービスによって受けた利益、損害に関して弊社は一切関知せず、その責任は全て会員登録者個人になるものといたします。当サービスから提供される情報は、そのサービス内容や正確性等につきましては一切保証しておりません。又、弊社が提供する買い目情報及びキャンペーンの内容は100%の的中や払い戻し金を保障するものでは御座いません。弊社で同精度、もしくはそれに近い情報と判断した情報が複数存在した場合、会員毎に提供する情報を個別に変更する場合があります。有料情報の購入は必ず予め利用規約に同意の上でご利用下さい。競馬法第28条により、未成年者の勝馬投票券購入は禁止されており、勝馬投票券の代理購入等は一切行っておりません。・馬券の購入は個人の責任において行ってください。・当社の情報料はあくまでも分析的調査費用であり、的中を保証するものではありません。・当社の情報利用により生じたいかなる損害について、一切の責任は負いかねますのでご了承下さい。
利用規約  プライバシーポリシー