服部調教師がプロキオンSに登録している、

セイクリムズン。

服部調教師は

マイルCSを2連覇したニホンピロウイナーや、

有馬記念を勝ったリードホーユー

などを管理していた

服部正利さんの息子さんです。

彼は、1984年に

正利さんのところで調教助手となり、

1988年には目野哲也師のところに移り、

それから10年後の1998年、

調教師の試験に合格。

そして、1999年に厩舎を開業し、

その年は出走頭数も少なく、

4勝に留まったものの、

次の年にはミッキーダンスで小倉記念、

朝日チャレンジCを勝っているように、

早くから大きなレースで結果を出せたのは、

正利さんのところで調教助手をやっていた頃、

マイルCSを連覇したニホンピロウイナーなど、

重賞で勝てる馬を

間近で見てきた経験を活かせたからでしょう。

その服部調教師の代表馬と言えば、

東京大賞典やマイルCS南部杯を連覇するなど、

重賞11勝を上げて、

9億7780万円を獲得した

ブルーコンコルドですが、

現在、彼のところの「稼ぎ頭」は、

これまでに4億6762万円を獲得している

セイクリムズンとなっています。

ただ、ここ数年の服部調教師は、

■2010年→12勝

【収得賞金】2億9149万円
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■2011年→19勝

【収得賞金】2億5115万円
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■2012年→14勝

【収得賞金】2億1990万円
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
と、毎年のように収得賞金を減らしていますので、

今年の服部調教師が、

「最低でも昨年以上の成績を残したい」

という考えで管理馬を出走させてきている筈で、

その裏付けとして先週までに

セイカプリコーンで制した鳴門Sや、

ユウキソルジャーで制した下鴨Sを含む

8勝を上げ、

1億6453万円の収得賞金を稼いでいます。

ただ、

昨年は「稼ぎ頭」のセイクリムズンが、

東京スプリントや、さきたま杯など、

交流重賞4勝を上げ、

今年に入ってからも黒船賞を勝っていますが、

JRAの重賞では、

この馬が2011年の根岸Sを制してから、

もう2年半近くもご無沙汰しているので、

現在の服部調教師は、

「久しぶりに中央の重賞を勝ちたい」

と考えている筈です。

そうした背景から、

プロキオンSに登録している

セイクリムズンに対しては、

メイチの勝負仕上げを施してくる
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
と見られていて、

最終追い切りの内容を確認したところ、

全体が52秒3、

終い1ハロン11秒8

という時計を出していて、

スムーズな脚捌きで、

仕掛けられてからの反応も上々。

この馬は、今年に入って、

今回が7走目となりますが、

追い切りの動きからは

デキ落ちの心配はないと判断。

この馬が馬券に絡んでくる可能性は

十分にあると考えられます。

競馬関係者情報

七夕賞にエクスペディションを登録している

「社台レースホース」

「社台レースホース」と言えば、

「サンデーレーシング」と並ぶ

大手一口馬主クラブ

ここ何年かは、

■2010年→145勝

【獲得賞金】30億6187万円
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■2011年→125勝

【獲得賞金】28億4651万円
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■2012年→100勝

【獲得賞金】23億2566万円
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
と少しずつ成績が下がり続けており、

その一方で、

「身内にして最大のライバル」

と言える「サンデーレーシング」は、

■2010年→111勝

【獲得賞金】31億1877万円
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■2011年→112勝

【獲得賞金】32億4936万円
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■2012年→118勝

【獲得賞金】38億7943万円
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
と順調に成績を伸ばしている上、

昨年は、ジェンティルドンナで

牝馬三冠とジャパンCを制し、

オルフェーヴルで宝塚記念を、

ディープブリランテでダービーを制するなど、

客観的に見て、「素晴らしい」

という言葉しか出てこないほどの躍進振りで、

3年続けて馬主リーディングで

1位の座を獲得していました。

ただ、今年に入ってから

先週までの「社台レースホース」は、

グレープブランデーで

東海SとフェブラリーSを、

マルセリーナでマーメイドSを勝つなど、

重賞3勝を含む

「62勝・獲得賞金12億3040万円」と、

昨年を上回るペースで、

勝ち鞍と賞金を積み重ね、

現在のところ、「サンデーレーシング」を抑えて、

馬主リーディング1位となっています。

しかし、

5月末に締め切られた「2012年度募集馬」は、

2010年から2012年の間、

「サンデーレーシング」に馬主リーディング

1位の座を明け渡していたことが影響してか、

93頭の内の5頭は満口になりませんでした。

その上、「社台レースホース」が、

現在、5月10日(金)に募集馬リストの発表を行い、

6月3日(月)から

詳細を記したパンフレットを発送した上で、

出資受け付けを行っている

「2013年度出資募集馬」も、

全部で86頭いる募集馬の内、

募集中止になった1頭を除き、

満口となったのは41頭で、

残りの44頭に関しては

まだ出資を受け付けている状況ですから、

今年の好成績が出資に対して、

十分に繋がっていない状況と言えるでしょう。

そのため、全ての馬を満口にするためにも、

クラブの関係者達は、

過去の募集馬を活躍させて、

「最後まで現在の順位をキープしなければ」

という思いを抱いている筈です。

しかも、

過去の募集馬が重賞レースで活躍すれば、

出資を検討している顧客層に対し、

「社台レースホースの募集馬は走る」

という印象を与えることができ、

それが「初期段階に於ける出資者の増加」と

「クラブの売上増加」を

もたらすのは間違いありませんので、

エクスペディションを管理している

石坂正先生に対しては、

クラブの関係者は、

「メイチの勝負仕上げ」

の指示が出していることでしょう。

石坂先生としても、

昨年は、ジェンティルドンナの牝馬三冠など

重賞11勝を含む

「36勝・獲得賞金14億3994万円」

としていた成績が、

今年は先週までの時点で、

「12勝・獲得賞金3億1041万円」と

大きく下回っているため、

クラブの関係者達から勝負仕上げの指示があったとすれば、

「渡りに船」と考えて全力で仕上げる筈ですから、

最後まで目を話せない1頭になると感じています。

また、

今週の「社台レースホース」は、

エクスペディションの他にも、

七夕賞にはカリバーン、

プロキオンSには

セイクリッドセブンとタイムズアロー、

七夕賞とプロキオンSの

両睨みと言う形でゴールスキーと、

計5頭を登録してきましたので、

「明らかに今週の【社台レースホース】は

勝負懸かり」と推測できます。

ですから、

それらの馬を預けている調教師に対し、

勝負仕上げの指示を出している可能性は、

十分に考えられますので、

この4頭にも注意をしておく必要があると考えられます。

競馬関係者情報

orunk

過去10年、

「7月に行われた重賞レース」を対象とした

「馬主賞金獲得ランキング」

「7月開催」は、

7月8日(月)~9日(火)に開催される

「セレクトセール」

7月16日(火)に開催される

「HBAセレクションセール」

8月19日(月)~22日(木)に開催される

「HBAサマーセール」

などの大規模な

「競走馬セール」が控えているため、

「今後の競走馬セールに向けて、

落札資金を確保しておきたい」

という「個人馬主の思惑」や、

「2013年度1歳馬」の

出資募集開始を間近に控えているため、

「初期段階での出資希望者を増やすため、

今の時期から所属馬を活躍させておきたい」

という「一口馬主クラブの思惑」などが、

他の時期よりも大きく結果を左右するため、

ここで上位に名を連ねている顔触れに対しては、

この時期、

「常に注意しておくべき存在」と

判断すべきです。

今週の重賞レースに、

上位の馬主達は、

1位のサンデーレーシング

ユニバーサルバンク(七夕賞)、

カラフルデイズ(プロキオンS)

2位の社台レースホース

エクスペディション(七夕賞)、カリバーン(七夕賞)、

ゴールスキー(七夕賞、プロキオンS)、

セイクリッドセブン(プロキオンS)、

タイムズアロー(プロキオンS)

3位の松本好雄オーナー

メイショウサミット(七夕賞)、

メイショウエバモア(プロキオンS)

4位のキャロットファーム

ファタモルガーナ(七夕賞)、

フレールジャック(プロキオンS)

7位の吉田照哉オーナー

ラッキーバニラ(七夕賞)

9位のサラブレッドクラブ・ラフィアン

マイネルラクリマ(七夕賞)、

マイネルエテルネル(プロキオンS)、

マイネルオベリスク(プロキオンS)、

マイネルロブスト(プロキオンS)

15位の近藤利一オーナー

アドマイヤサガス(プロキオンS)、

アドマイヤロイヤル(プロキオンS)

16位の栄進堂

エーシンウェズン(プロキオンS)、

エーシンジェイワン(プロキオンS)

17位のラッキーフィールド

エアウルフ(プロキオンS)

18位の松岡隆雄オーナー

サンライズモール(プロキオンS)

といった形で所有馬を登録しており、

過去の実績を踏まえると、

これらの馬達に対しては、

「人気の有無に関わらず、

大駆けの可能性が十分にある」

と見込んでおくべきです。

競馬関係者情報

競馬会員募集

※当サイト内のサイト名、文言、画像、内容を含む全ての著作権は競馬関係者情報公開ブログに帰属し、許可なく転用、転載を行う事を固く禁じます。もし許可なく上記が行われた場合には損害賠償を請求させて頂くと共に、記載内容の全削除を強く求めさせて頂きますので予めご了承下さい。弊社の提供するサービス、及び勝馬投票券は個人の責任において購入、ご利用ください。弊社が提供する情報又はサービスによって受けた利益、損害に関して弊社は一切関知せず、その責任は全て会員登録者個人になるものといたします。当サービスから提供される情報は、そのサービス内容や正確性等につきましては一切保証しておりません。又、弊社が提供する買い目情報及びキャンペーンの内容は100%の的中や払い戻し金を保障するものでは御座いません。弊社で同精度、もしくはそれに近い情報と判断した情報が複数存在した場合、会員毎に提供する情報を個別に変更する場合があります。有料情報の購入は必ず予め利用規約に同意の上でご利用下さい。競馬法第28条により、未成年者の勝馬投票券購入は禁止されており、勝馬投票券の代理購入等は一切行っておりません。・馬券の購入は個人の責任において行ってください。・当社の情報料はあくまでも分析的調査費用であり、的中を保証するものではありません。・当社の情報利用により生じたいかなる損害について、一切の責任は負いかねますのでご了承下さい。
利用規約  プライバシーポリシー