[PR]

orunk

過去10年、

「7月に行われた重賞レース」を対象とした

「馬主賞金獲得ランキング」

「7月開催」は、

7月8日(月)~9日(火)に開催される

「セレクトセール」

7月16日(火)に開催される

「HBAセレクションセール」

8月19日(月)~22日(木)に開催される

「HBAサマーセール」

などの大規模な

「競走馬セール」が控えているため、

「今後の競走馬セールに向けて、

落札資金を確保しておきたい」

という「個人馬主の思惑」や、

「2013年度1歳馬」の

出資募集開始を間近に控えているため、

「初期段階での出資希望者を増やすため、

今の時期から所属馬を活躍させておきたい」

という「一口馬主クラブの思惑」などが、

他の時期よりも大きく結果を左右するため、

ここで上位に名を連ねている顔触れに対しては、

この時期、

「常に注意しておくべき存在」と

判断すべきです。

今週の重賞レースに、

上位の馬主達は、

1位のサンデーレーシング

ユニバーサルバンク(七夕賞)、

カラフルデイズ(プロキオンS)

2位の社台レースホース

エクスペディション(七夕賞)、カリバーン(七夕賞)、

ゴールスキー(七夕賞、プロキオンS)、

セイクリッドセブン(プロキオンS)、

タイムズアロー(プロキオンS)

3位の松本好雄オーナー

メイショウサミット(七夕賞)、

メイショウエバモア(プロキオンS)

4位のキャロットファーム

ファタモルガーナ(七夕賞)、

フレールジャック(プロキオンS)

7位の吉田照哉オーナー

ラッキーバニラ(七夕賞)

9位のサラブレッドクラブ・ラフィアン

マイネルラクリマ(七夕賞)、

マイネルエテルネル(プロキオンS)、

マイネルオベリスク(プロキオンS)、

マイネルロブスト(プロキオンS)

15位の近藤利一オーナー

アドマイヤサガス(プロキオンS)、

アドマイヤロイヤル(プロキオンS)

16位の栄進堂

エーシンウェズン(プロキオンS)、

エーシンジェイワン(プロキオンS)

17位のラッキーフィールド

エアウルフ(プロキオンS)

18位の松岡隆雄オーナー

サンライズモール(プロキオンS)

といった形で所有馬を登録しており、

過去の実績を踏まえると、

これらの馬達に対しては、

「人気の有無に関わらず、

大駆けの可能性が十分にある」

と見込んでおくべきです。

競馬関係者情報

6/30(日)中京6R/馬連
3,360円

6/30(日)中京6R/3連単
48,440円

6/29(土)中京9R/3連複
6,270円

6/29(土)函館6R/3連単
8,930円

6/29(土)福島3R/3連単
19,150円

6/29(土)福島2R/3連複
4,420円

6/23(日)阪神9R/3連単
124,620円

6/23(日)東京7R/馬連
5,220円

6/16(日)東京9R/3連単
21,210円

6/16(日)函館8R/馬単
4,080円

6/16(日)阪神2R/3連複
8,770円

6/15(土)東京9R/3連複
12,900円

6/15(土)阪神9R/3連単
49,280円

6/15(土)函館4R/3連複
5,100円

6/15(土)東京1R/馬単
2,320円

6/9(日)阪神8R/馬単
1,090円

6/9(日)阪神5R/3連複
9,950円

6/8(土)東京11R/馬単
14,030円

6/8(土)阪神6R/3連単
41,640円

6/8(土)東京3R/馬連
2,580円

6/2(日)阪神8R/3連単
7,310円

6/2(日)阪神3R/3連複
141,370円

6/1(土)東京12R/3連単
41,450円

6/1(土)阪神9R/3連複
4,420円

6/1(土)東京5R/3連複
9,240円

的中結果

「今は野球界の人間ではなく、競馬界の人間です」

日本ダービー翌日の5月27日、

都内のホテルで開催された、

競馬雑誌主催の懇親会で、

佐々木主浩氏はこう演説した。

言わずと知れた、

横浜ベイスターズ、

シアトルマリナーズで日米通算

381セーブを記録した、

あの大魔神である。

懇親会に出席した

競馬ライターのH氏が言う。

「ライターやJRA職員など

参加者は100人ほどで、

佐々木氏の他にアンカツさんもおられました。

皆、口をそろえて

『佐々木さんのような人に競馬界を盛り上げてほしい』

と言っていましたね」

佐々木氏といえば、

5月12日のヴィクトリアマイルで

GI初勝利を手にして勢いづく馬主。

勝ったヴィルシーナ(牝4歳)は

昨年の桜花賞、オークス、秋華賞、

エリザベス女王杯で全て2着と苦杯をなめ、

5度目のGI挑戦でついに悲願を達成した。

ハマの大魔神が今や

“ウマの大魔神”

となって君臨しているのだ。

ひるがえってターフに君臨するスター騎手といえば、

やはり武豊を置いて他にいない。

今年の日本ダービーでは1番人気キズナに騎乗し、

5度目の同レース制覇。

近年は不振が続くとはいえ、

競馬界に武豊あり、

をあらためて知らしめたレースだった。

この同世代の超有名スター2人がタッグを組めば、

先の懇親会参加者の言ではないが、

大きな話題となることに疑いの余地はない。

ところが意外にも、

佐々木氏が馬主となった06年から現在まで、

その所有馬に武が乗ったことは一度もないのだ。

「佐々木氏が競馬界に参入したのは、

アドマイヤの冠名で知られる大馬主、

近藤利一氏の協力があってこそでした。

その近藤氏と武との関係が、

佐々木氏と武の間に影を落としているのです」

表情を曇らせて

こう語るのはJRA関係者である。

佐々木氏が06年に最初に所有した馬は、

道営競馬のミスターフォーク。

その頃、とある寿司店で近藤氏と知り合い、

同氏に誘われる形で07年に中央競馬に

馬主として参入することになったという。

そして近藤氏との共同名義で持ったのが

アドマイヤマジンだった。

「持ち分は佐々木氏10%、

近藤氏が90%だったと聞きました」

(馬産地関係者)

そして先のJRA関係者は2人の急接近ぶりについて、

次のように話すのだ。

「佐々木氏が競馬場に出入りし始めた頃は、

近藤氏にベッタリでしたね。

牧場関係者や調教師などを紹介したのは

全て近藤氏。

セレクトセールでも佐々木氏は、

馬の見方などを近藤氏から教わりました」

09年のセレクトセールで佐々木氏は、

みずからが社長を務める会社「

Sアールコーポレーション」名義で

「フサイチパンドラの09」を

7800万円で落札。

これが現在のスペルヴィア(牡4歳・1000万下)なのだが、

「エスアールのエス=佐々木のS、

アール=利一のRだそうです。

それほど2人は親しいということ。

『アクの強い近藤氏に連れ回されていて大丈夫なのか』

といぶかる人も競馬サークルにはいましたけどね‥‥」

(専門紙トラックマン)

競馬関係者情報

競馬会員募集

※当サイト内のサイト名、文言、画像、内容を含む全ての著作権は競馬関係者情報公開ブログに帰属し、許可なく転用、転載を行う事を固く禁じます。もし許可なく上記が行われた場合には損害賠償を請求させて頂くと共に、記載内容の全削除を強く求めさせて頂きますので予めご了承下さい。弊社の提供するサービス、及び勝馬投票券は個人の責任において購入、ご利用ください。弊社が提供する情報又はサービスによって受けた利益、損害に関して弊社は一切関知せず、その責任は全て会員登録者個人になるものといたします。当サービスから提供される情報は、そのサービス内容や正確性等につきましては一切保証しておりません。又、弊社が提供する買い目情報及びキャンペーンの内容は100%の的中や払い戻し金を保障するものでは御座いません。弊社で同精度、もしくはそれに近い情報と判断した情報が複数存在した場合、会員毎に提供する情報を個別に変更する場合があります。有料情報の購入は必ず予め利用規約に同意の上でご利用下さい。競馬法第28条により、未成年者の勝馬投票券購入は禁止されており、勝馬投票券の代理購入等は一切行っておりません。・馬券の購入は個人の責任において行ってください。・当社の情報料はあくまでも分析的調査費用であり、的中を保証するものではありません。・当社の情報利用により生じたいかなる損害について、一切の責任は負いかねますのでご了承下さい。
利用規約  プライバシーポリシー