昨年の有馬記念の売り上げが

前年比88%と大不振を極めた競馬界。

その翌日には青木芳之騎手(35)が

自宅で自殺を図るという

ショッキングなニュースが流れた。

美浦トレセンは

重苦しい空気に包まれたという。

スポーツ紙レース部記者が話す。

「一説にはうつ状態だったとも言われていますが、

デビュー時の師匠だった藤沢和雄調教師でさえ、

『細かいことはよくわからないんだ』

と困惑してました。何しろ、

青木騎手は数年前から

美浦トレセンのそばに住まず、

神奈川県横浜市に自宅を構えていた。

朝の調教に姿を現すこともめったになく、

昨年4月15日の騎乗が最後で、

その後は休業していましたからね」

95年に藤沢和雄厩舎でデビュー。

通算1831戦で106勝の成績だった。

あまりにも突然の訃報に、

かつての担当トラックマンも

言葉を選ぶようにこう語るのだ。

「デビュー2年目に32勝し

フェアプレー賞を受賞するなど、

将来を嘱望されていました。

上昇志向が強く、

01年にフリーになり、

海外に武者修行に行く一方で、

国内の営業力(騎乗馬の確保)はイマイチだった。

7年ほど前から、出走馬の優先順位

(前走着順や出走間隔など)が見直され、

リーディング上位の騎手が

安定して手綱を取れるシステムになった。

馬主サイドは大歓迎でしたが、

営業下手の青木騎手のようなタイプは

騎乗機会が減っていきました」

さらに、外国人騎手の短期免許取得や

地方の一流ジョッキーの参戦も、

中堅以下クラスの生活を脅かした。

トラックマンが続ける。

「青木騎手は4年ほど前から海外行きも視野に入れ、

現役続行か、あるいは

調教助手に転身するか悩んでいました。

08年には藤沢厩舎の有力馬

カジノドライブのスタッフとして米国遠征し、

調教を任されたりもしていたんです。

一方で、09年には韓国のソウル競馬場へ遠征。

JRA所属騎手が韓国で

短期免許を取得して騎乗するのは初めてでした」

現役か調教助手か─。

この二択の間で葛藤を続けていた

「負け組騎手」は、

何も青木騎手だけではない。

昨年引退したJRA騎手の数からも明らかだ。

スポーツ紙デスクが話す。

「青木騎手の自殺と前後して、

鈴来直人(30)、池崎祐介(24)、

小林慎一郎(31)、野元昭嘉(36)らが

駆け込むように引退を表明するなど、

2012年の引退騎手は23人にも上った。

大半の理由は昨年から

ローカル開催が減ったことと、

今年から厩舎の運営制度上、

給与面で大きな改革が行われるからです」

競馬関係者情報

「社台ファームと照哉氏にとっては、

これが『ユタカはもうダメだ』

となる決定打でした。

武が御しきれなかった馬を、

外国人はあっさりと御して

勝ったわけですから。

折しもデムーロ、ルメールら

海外の若い騎手がそろって台頭し、

照哉氏は『世代交代だ』と‥‥」

一方、社台ファームと並ぶ

大集団ノーザンファームは、

武をどう評価したのか。

決断を下させたのは、

同牧場生産馬

ローズキングダムへの騎乗ぶりだった。

ローズキングダムは

10年11月のジャパンカップを勝った

(ブエナビスタ降着により2着から繰り上がり)後、

前述したように有馬記念は出走取消となったものの、

年明けの日経新春杯(GⅡ)、

日経賞(GⅡ)の前哨戦を使って

5月の天皇賞・春(GⅠ)へ、

というステップを踏んだ。

社台グループの内情を知る

馬産地関係者が振り返る。

「ローズキングダムはスタート後、

スタンド正面、2週目の3コーナー前に来るまでも

引っかかってガーッと行ってしまった。

最後はスタミナ切れで、

3200メートルの長丁場を乗り切れませんでした」

結局、2番人気を背負いながら

直線ではバッタリと失速し、

11着という無残な結果を残すしかなかった。

これ以前から

社台ファームの馬の騎乗ぶりを見てきた

ノーザンファーム側は、

「このレースを受けて、

『かかる馬にはちょっと無理だ。

武を乗せないようにしよう』

という結論が出された。

トドメですね。

これ以降、『武を乗せるな』

とのお達しが出たのは本当の話です。

社台ファーム、ノーザンファームの共通認識として、

信頼度がガタ落ちしたのは事実。

騎乗依頼の優先順位は、

1位が外国人、

2位が内田博幸、蛯名正義、福永祐一、岩田、横山ら

リーディング上位で、

武は川田将雅、松岡正海といった

3位グループの一角にいるとの位置づけです。

もちろん、昔は1位にいましたが」

(前出・馬産地関係者)

凱旋門賞、

阪神ジュベナイルフィリーズに続く3大失態で、

天才と呼ばれた男がここまで評価を下げ、

そればかりか、

「武回避」にまで至る技術的な衰えを招いた背景には、

先にあげた毎日杯での

落馬骨折事故があるのは明らかだとされる。

「休養中の騎手は、

他の騎手が活躍しているのを見ると、

どうしても焦って復帰を早めようとします。

武も本来なら1年近くかかるとされる大ケガで、

完治しないままわずか4カ月後に戦列に出てしまった。

肩の可動域が元に戻らず、

激しい腰痛も抱えたままです」

(専門紙トラックマン)

競馬関係者情報

社台グループ─。

現競馬界でその生産馬が次々と台頭し、

JRA重賞レースの勝ち鞍を席巻する

実力派巨大軍団であることは、

競馬ファンの誰もが認めるところだろう。

社台ファーム(吉田照哉代表)、

ノーザンファーム(吉田勝己代表)

といった、創始者・吉田善哉氏の子息が運営する

牧場から輩出される馬は今や、

厩舎、調教師、騎手にとって、

半ば「不可欠」なものとなっているのだ。

03年から05年まで

3年連続年間200勝以上を達成するなど、

天才の名をほしいままにした武豊が

ここ数年、極度の不調に陥っているのは、

社台グループを怒らせ、

敵に回したことが一因‥‥

発端となった「事件」として、

10年秋のジャパンカップ(GⅠ)の、

レース後の審議を巡る

「舌禍トラブル」が

競馬関係者の間では指摘されているが、

武本人も言うとおり、

多分に「誤解」「曲解」が

介在している可能性は高い。

だが、「真相は別の原因にある」と、

社台グループと

深い関係を持つ馬主が重い口を開き、

社台を代弁したのである。

まず最初に問題となったのは、

ヴィクトワールピサという

社台ファーム生産馬のレースだった。

「09年10月の新馬戦からずっと

武が乗っていた馬ですが、

10年4月の皐月賞(GⅠ)、

5月の日本ダービー(GⅠ)で

岩田康誠に乗り替わった。

そこまで5戦4勝だった武は、

皐月賞直前の3月に毎日杯(GⅢ)で落馬、

鎖骨と腰椎を骨折する大ケガを負い、

長期休養を余儀なくされたからです。

岩田は皐月賞を勝ちましたが、

それでも馬主の市川義美氏は

武をひいきにしていて、

『乗れるなら乗せてあげたい』

と言っていました」

その年の10月、

骨折から復帰した武は、

世界最高峰の競走とされるフランスGⅠ

凱旋門賞でヴィクトワールピサと

再度タッグを組んだ。

馬主が続けて明かす。

「しかし、この内容がヒドかった。

20頭立てであとから行くと

馬群に揉まれる危険性があるのに、

馬群に包まれたまま後方

4、5番手で最終コーナーを回った。

直線の勝負どころでは馬群をさばけず、

追いだしてやっと伸びた頃にはすでに遅し。

7着に終わりました。

この馬、実は半分は吉田照哉氏の名義なんです。

それで照哉氏は

『騎乗ミスだ、もうユタカの時代は終わったな』

と激怒した」

馬群に沈んだまま、

競馬場をぐるっと回ってきただけ。

そんなふがいないレースぶりに、

社台の重鎮が憤慨したのだ。

とはいえ、

この1レースだけで直ちに斬り捨てたわけではない。

武にとって名誉挽回のチャンスはすぐに巡ってきた。

競馬関係者情報

競馬会員募集

※当サイト内のサイト名、文言、画像、内容を含む全ての著作権は競馬関係者情報公開ブログに帰属し、許可なく転用、転載を行う事を固く禁じます。もし許可なく上記が行われた場合には損害賠償を請求させて頂くと共に、記載内容の全削除を強く求めさせて頂きますので予めご了承下さい。弊社の提供するサービス、及び勝馬投票券は個人の責任において購入、ご利用ください。弊社が提供する情報又はサービスによって受けた利益、損害に関して弊社は一切関知せず、その責任は全て会員登録者個人になるものといたします。当サービスから提供される情報は、そのサービス内容や正確性等につきましては一切保証しておりません。又、弊社が提供する買い目情報及びキャンペーンの内容は100%の的中や払い戻し金を保障するものでは御座いません。弊社で同精度、もしくはそれに近い情報と判断した情報が複数存在した場合、会員毎に提供する情報を個別に変更する場合があります。有料情報の購入は必ず予め利用規約に同意の上でご利用下さい。競馬法第28条により、未成年者の勝馬投票券購入は禁止されており、勝馬投票券の代理購入等は一切行っておりません。・馬券の購入は個人の責任において行ってください。・当社の情報料はあくまでも分析的調査費用であり、的中を保証するものではありません。・当社の情報利用により生じたいかなる損害について、一切の責任は負いかねますのでご了承下さい。
利用規約  プライバシーポリシー