2013年8月の記事一覧

8/31(土)新潟12R/3連複
6,810円

8/31(土)新潟7R/3連単
15,490円

8/31(土)函館5R/3連単
84,360円

8/31(土)小倉3R/3連複
4,720円

8/25(日)小倉7R/馬連
5,500円

8/25(日)新潟10R/3連複
14,690円

8/24(土)小倉10R/馬連
4,210円

8/24(土)新潟9R/3連単
10,780円

8/18(日)新潟10R/馬連
2,480円

8/18(日)新潟8R/3連単
37,090円

8/18(日)小倉5R/3連単
14,370円

8/18(日)函館3R/3連複
6,050円

8/17(土)小倉10R/3連複
6,810円

8/17(土)小倉6R/3連単
14,360円

8/17(土)新潟5R/馬連
3,110円

8/11(日)函館11R/3連単
13,480円

8/11(日)函館3R/馬連
4,020円

8/10(土)新潟6R/3連複
11,470円

8/4(日)小倉8R/3連単
36,650円

8/4(日)函館7R/3連複
5,270円

8/4(日)小倉4R/3連単
9,970円

8/3(土)新潟12R/3連複
17,800円

8/3(土)新潟7R/馬連
3,160円

的中結果

小倉2歳Sにシゲルガガを出走させる

森中蕃オーナーについて。

森中オーナーは「光証券株式会社」の代表取締役会長を、

2010年まで務めていました。

同社は今年で創業65年目を迎える老舗ですが、

同社が大きく発展を遂げたのは、

森中オーナーが取締役社長に就任した1982年以降で、

1993年に証券会計システムの

「彦左衛門」を導入、

2000年には営業支援システムの

「トレードガード」を導入し、

更には、

代表取締役会長に就任した3年後の2006年には、

投資一任口座「半兵衛」の運用を開始させるなど、

これまで積極的に新しい試みを行ってきた森中オーナーが、

現在の同社の基盤を作ったと言えるでしょう。

そして現在は、

オーナーのご子息である森中寛氏が

「光証券株式会社」の社長を務めていますが、

先ほど書いた通り、2010年に

「光証券株式会社」の会長を退いた森中オーナーは、

それまでよりも競馬に力を入れてきたようです。

と言うのも森中オーナーは、

JRAの馬主歴が30年以上となる大ベテランで、

2009年までは概ね年間10勝前後の成績でしたが、

ここ数年は、

2010年→23勝
獲得賞金3億6899万円

2011年→28勝
獲得賞金4億0807万円

2012年→24勝
獲得賞金4億8874万円

と、明らかに以前よりも成績を上げています。

ただ、今年は、先週までに

13勝・獲得賞金2億8866万円

という状況となっており、

このままのペースですと、

昨年の4億8874万円

には届かない可能性が非常に高いため、

森中オーナーとしては、

「もっとペースを上げて賞金を獲得したい」

という思いを抱いていることでしょう。

加えて、森中オーナーは、

毎年のようにセールで多くの馬を購入しており、

昨年だけでも、

5つのセールで総額1億3730万円を使い、

計53頭を購入している上、

今年も、

5月7日(火)の「HBAトレーニングセール」
→4頭を1580万円で購入

7月8日(月)~9日(火)の「セレクトセール」
→2頭を2100万円で購入

7月16日(火)の「HBAセレクションセール」
→2頭を1100万円で購入

更に、

先週に行われた「HBAサマーセール」においては、

7410万円を使って21頭を購入しています。

当然、現在の森中オーナーが、

「セールで使った資金を一刻も早く回収したい」

という思いも抱いている筈で、

優勝賞金が3000万円
(馬主の取り分は8割の2400万円)

の小倉2歳Sに出走させるシゲルガガについては、

間違いなく「勝負懸かり」と見ていいでしょう。

追い切りでも抜群の時計をマークし、

目イチ仕上げの指示が出た可能性が高いと判断できます。

この馬が馬券に絡んでくる可能性は

大いにあるかと思います。

買い目予想をご希望の場合は
競馬会員にお申込み下さい

競馬関係者情報