小ネタの記事一覧

矢作芳人調教師

これまでの実績
3225戦299勝
(今年は29勝で現在はリーディング3位)

≪今週の主な登録馬≫

オセアニアボス(中京記念)
トシギャングスター(中京記念)
函館日刊スポーツ杯(キョウエイバサラ)
他多数

矢作調教師と言えば、

毎年のように多数の東大合格者を輩出している

全国屈指の進学校
開成高校(東京都荒川区)

を卒業していることが有名ですが、

「大の旅行好き」

でもあります。

実際、矢作厩舎では、

これまで毎年のように豪勢な

慰安旅行が開催されていて、

今年の3月には、矢作調教師、

安藤貴英調教助手、久保公二調教助手

といった計8名がマカオを訪れ、

現地での観光やカジノなどを存分に満喫したようです。

尚、マカオに行かなかった厩舎スタッフは、

秋に国内を目的地とした

慰安旅行に参加するようですが、

恐らくこの直前には、

厩舎全員が一丸となって、

「旅行費用を稼ぎたい」

という思惑を抱いてレースに臨んでくるでしょう。

===========

榎本優也調教助手
(須貝尚介厩舎)

所属厩舎のこれまでの実績
1144戦128勝
(今年は18勝で現在はリーディング15位)

≪所属厩舎の今週の主な登録馬≫

ショウナンカミング(八雲特別)

須貝厩舎の調教助手として、

アスカクリチャンや
ジャスタウェイ

などを担当している

榎本優也調教助手には、

武豊騎手に憧れて騎手を目指したものの、

視力不足によって

試験を受けられなかった経緯があります。

しかし、その後は無事に

JRA競馬学校の厩務員過程を卒業し、

2009年5月から

須貝厩舎の調教助手となっていて、

アスカクリチャンや
ジャスタウェイ

などを重賞勝ち馬に育て上げているのですから、

もともと、

調教助手としての適性が高かったのでしょう。

榎本助手の趣味は、

「一眼レフカメラを使用した写真撮影」で、

現在は、

自身が撮影した管理馬達の写真を用い、

須貝厩舎の広報的な役割を果たしているようです。

また、

一眼レフカメラなどは、

ほぼ例外なく高価であるため、

榎本助手が担当馬をレースに出走させる際には、

「機材の購入費用を稼ぎたい」

という思惑を抱いている可能性が十分にあるでしょう。

小ネタ

競馬関係者が集うお店

────────────
【万代や】(ジンギスカン)
────────────

北海道函館市本通2-13-26
(函館競馬場からタクシーで5分程度)

北海道でジンギスカンと言えば、

一般的には札幌が最も有名ですが、

上質のラム肉を低価格で提供しているこの店は、

藤田騎手を筆頭とした多くの競馬関係者が

「札幌の有名店よりも上」

と評価していて、

函館競馬場からのアクセスもいい為、

「競馬観戦後の食事に最適」

と言えます。

───────────
【いずみ食堂】(蕎麦)
───────────

北海道沙流郡日高町緑町41-22
(門別競馬場からタクシーで10分程度)

門別競馬場から

国道235号を東に走り、

「シンボリ牧場」を通過したあたりで

右側に見えてくるこの店は、

場所柄、

牧場関係者の利用が非常に多く、

顔を合わせた者同士が

重要な情報を交換する場面も

決して少なくありません。

そして、

多くの関係者がこの店の蕎麦を

「絶品」と評価している為、

今後、

競馬観戦や牧場見学などで

門別付近を訪れる方には、

是非とも立ち寄ってみてほしい。

小ネタ

競馬界は閉鎖的で

村社会というのを聞いた事があると思います。

騎手が結婚をしたり、

節目の時期だったりすると

お祝いの一環として有力馬が用意され

星をプレゼントされる

なんていう事もあると聞きます。

狭い世界ですから、

そういった義理人情というものが

大きく影響を及ぼしているようです。

「誕生日」

これも例外ではありません。

今週、誕生日を迎えた調教師、

騎手をご紹介します。

■宮徹調教師(1960年7月11日生)

リーディング28位(14勝)
開業年:1996年
通算勝利数:293勝

今週の主な登録馬
ニンジャ(知多特別)
マイネボヌール(志摩特別)

■戸崎圭太騎手(1980年7月8日生)

リーディング5位(63勝)
免許取得年:2013年
通算勝利数:142勝

今週の主な騎乗予定馬
ツルマルレオン(バーデンバーデンC)
ダブルスター(安達太良S)
アドマイヤカーリン(信夫山特別)

上記2名が関係している鞍には

何らかの影響がある事が予想されますので

当日は注意して見ておくべきだと思います。

話は変わりますが、

以外と知られていない

騎手の趣味をご紹介します。

池添謙一騎手が

「熱烈なカーマニア」であり、

特にフェラーリを好んでいることは、

競馬関係者の間では有名な話です。

池添騎手は、

愛車で北海道を走ることが大好きなようで、

これまで函館開催や

札幌開催の期間中において、

赤いフェラーリをドライブする姿を

何度も目撃されているようです。

幸英明騎手は、

昨年の6月11日(月)に行われた

「日刊アマゴルフ全日本
シングルプレーヤーズ選手権」の

予選において優秀な成績を残し、

全国大会の出場権を獲得するなど、

これまで、

多くのアマチュアゴルフ大会で

優秀な成績を残し、

自身の技術が優秀であることを

十分に証明しています。

武豊騎手は、

半ば冗談ではあるものの、

過去に何度も

「彼はプロゴルファーになるべきだった」

といった趣旨のコメントを残していますが

実績を考えれば、それも決して不思議ではありません。

小ネタ