競馬関係者情報の記事一覧

「社台ファームと照哉氏にとっては、

これが『ユタカはもうダメだ』

となる決定打でした。

武が御しきれなかった馬を、

外国人はあっさりと御して

勝ったわけですから。

折しもデムーロ、ルメールら

海外の若い騎手がそろって台頭し、

照哉氏は『世代交代だ』と‥‥」

一方、社台ファームと並ぶ

大集団ノーザンファームは、

武をどう評価したのか。

決断を下させたのは、

同牧場生産馬

ローズキングダムへの騎乗ぶりだった。

ローズキングダムは

10年11月のジャパンカップを勝った

(ブエナビスタ降着により2着から繰り上がり)後、

前述したように有馬記念は出走取消となったものの、

年明けの日経新春杯(GⅡ)、

日経賞(GⅡ)の前哨戦を使って

5月の天皇賞・春(GⅠ)へ、

というステップを踏んだ。

社台グループの内情を知る

馬産地関係者が振り返る。

「ローズキングダムはスタート後、

スタンド正面、2週目の3コーナー前に来るまでも

引っかかってガーッと行ってしまった。

最後はスタミナ切れで、

3200メートルの長丁場を乗り切れませんでした」

結局、2番人気を背負いながら

直線ではバッタリと失速し、

11着という無残な結果を残すしかなかった。

これ以前から

社台ファームの馬の騎乗ぶりを見てきた

ノーザンファーム側は、

「このレースを受けて、

『かかる馬にはちょっと無理だ。

武を乗せないようにしよう』

という結論が出された。

トドメですね。

これ以降、『武を乗せるな』

とのお達しが出たのは本当の話です。

社台ファーム、ノーザンファームの共通認識として、

信頼度がガタ落ちしたのは事実。

騎乗依頼の優先順位は、

1位が外国人、

2位が内田博幸、蛯名正義、福永祐一、岩田、横山ら

リーディング上位で、

武は川田将雅、松岡正海といった

3位グループの一角にいるとの位置づけです。

もちろん、昔は1位にいましたが」

(前出・馬産地関係者)

凱旋門賞、

阪神ジュベナイルフィリーズに続く3大失態で、

天才と呼ばれた男がここまで評価を下げ、

そればかりか、

「武回避」にまで至る技術的な衰えを招いた背景には、

先にあげた毎日杯での

落馬骨折事故があるのは明らかだとされる。

「休養中の騎手は、

他の騎手が活躍しているのを見ると、

どうしても焦って復帰を早めようとします。

武も本来なら1年近くかかるとされる大ケガで、

完治しないままわずか4カ月後に戦列に出てしまった。

肩の可動域が元に戻らず、

激しい腰痛も抱えたままです」

(専門紙トラックマン)

競馬関係者情報

社台グループ─。

現競馬界でその生産馬が次々と台頭し、

JRA重賞レースの勝ち鞍を席巻する

実力派巨大軍団であることは、

競馬ファンの誰もが認めるところだろう。

社台ファーム(吉田照哉代表)、

ノーザンファーム(吉田勝己代表)

といった、創始者・吉田善哉氏の子息が運営する

牧場から輩出される馬は今や、

厩舎、調教師、騎手にとって、

半ば「不可欠」なものとなっているのだ。

03年から05年まで

3年連続年間200勝以上を達成するなど、

天才の名をほしいままにした武豊が

ここ数年、極度の不調に陥っているのは、

社台グループを怒らせ、

敵に回したことが一因‥‥

発端となった「事件」として、

10年秋のジャパンカップ(GⅠ)の、

レース後の審議を巡る

「舌禍トラブル」が

競馬関係者の間では指摘されているが、

武本人も言うとおり、

多分に「誤解」「曲解」が

介在している可能性は高い。

だが、「真相は別の原因にある」と、

社台グループと

深い関係を持つ馬主が重い口を開き、

社台を代弁したのである。

まず最初に問題となったのは、

ヴィクトワールピサという

社台ファーム生産馬のレースだった。

「09年10月の新馬戦からずっと

武が乗っていた馬ですが、

10年4月の皐月賞(GⅠ)、

5月の日本ダービー(GⅠ)で

岩田康誠に乗り替わった。

そこまで5戦4勝だった武は、

皐月賞直前の3月に毎日杯(GⅢ)で落馬、

鎖骨と腰椎を骨折する大ケガを負い、

長期休養を余儀なくされたからです。

岩田は皐月賞を勝ちましたが、

それでも馬主の市川義美氏は

武をひいきにしていて、

『乗れるなら乗せてあげたい』

と言っていました」

その年の10月、

骨折から復帰した武は、

世界最高峰の競走とされるフランスGⅠ

凱旋門賞でヴィクトワールピサと

再度タッグを組んだ。

馬主が続けて明かす。

「しかし、この内容がヒドかった。

20頭立てであとから行くと

馬群に揉まれる危険性があるのに、

馬群に包まれたまま後方

4、5番手で最終コーナーを回った。

直線の勝負どころでは馬群をさばけず、

追いだしてやっと伸びた頃にはすでに遅し。

7着に終わりました。

この馬、実は半分は吉田照哉氏の名義なんです。

それで照哉氏は

『騎乗ミスだ、もうユタカの時代は終わったな』

と激怒した」

馬群に沈んだまま、

競馬場をぐるっと回ってきただけ。

そんなふがいないレースぶりに、

社台の重鎮が憤慨したのだ。

とはいえ、

この1レースだけで直ちに斬り捨てたわけではない。

武にとって名誉挽回のチャンスはすぐに巡ってきた。

競馬関係者情報

「社台系の多くはクラブ馬ですが、

着順を一つでも上げて

賞金を稼ぐことが至上命令となっています。

そのため、

必然的に腕の立つリーディング上位の騎手を

重用することになる。

外国人騎手は別にすると、

音無厩舎なら福永祐一、川田将雅、

浜中俊、横山典弘など。

松田厩舎なら岩田康成、

北村友一、川田など。

一流騎手騎乗は、

会員からのたっての希望でもあるそうです」

(競馬ライター)

その結果、特定の騎手に騎乗依頼が集中し、

騎手間の格差がどんどん広がっていく。

岩田や福永のように、

特に社台に気に入られて「お抱え騎手」となり、

何億円と稼ぐ騎手もいれば、

ほとんど乗れずにバレット

(騎手の馬具を整えるなど雑用をする補佐役)

をして食いつないでいる騎手もいるほどだ。

「聞くところによると、

『サンデーレーシング』の吉田俊介代表(38)は

岩田や福永がことのほかお気に入りで、

期待馬には彼らを乗せることが多いとか。

恐らく、この2人と世代を同じにするせいもあるのでしょうね」(前出・トラックマン)

参考までに、リーディング上位の社台系騎乗率

(全体の騎乗数に占める社台系の馬に乗った比率)

をあげてみる(データは11年度のもの)。

50%以上=横山典/

40%以上=福永、安藤勝己/

30%以上=岩田、川田、蛯名正義、

北村宏司、三浦皇成、四位洋文。

騎手によって騎乗数も異なるので

絶対的なものとは言えないが、

彼らが社台お気に入りの騎手であることは確かだ。

前出・トレセン関係者が言う。

「蛯名が結婚式をあげた時の仲人は、

社台ファーム代表の吉田照哉氏。

だから多少の騎乗ミスをしても許されます。

関東ではもちろん、

社台の比較的いい馬には

蛯名が乗ることが多いと思いますね」

ちなみに、

その蛯名と同期の武豊の社台系比率は、20%強。

武といえば、

「社台に干されている」はずだが、

これは社台から買った馬を個人で預けている、

いわば社台の手を離れた馬に

騎乗していることから計算された数字である。

社台からはじかれていても、

ラフィアン(マイネルの馬名で知られる、

社台と並ぶ大手会員制馬主クラブ)に

見込まれている津村明秀、丹内祐次、

大野拓弥といった騎手はまだいいが、

それ以外の若手、中堅騎手の未来は暗いようだ。

競馬界における、社台一強時代は、

2013年も盤石の気配である。

競馬関係者情報