競馬関係者情報の記事一覧

松元茂樹調教師は、

日本大学を卒業後、

1974年からお父さんの

正雄師のところの厩務員として

キャリアをスタートさせています。

その後は、

トウカイテイオーやスティルインラブを育てた

お兄さんの省一師のところや、

イソノルーブルなどを育てた

清水久雄師のところで腕を磨き、

1993年に自分の厩舎を開業しました。

その後は、

ビリーヴで勝った
スプリンターズSと高松宮記念や、

ウインクリューガーで勝った
NHKマイルCや、

ローブデコルテで勝った
オークスなど、

これまでにGI6つを含む重賞27勝を上げ、

ラヴェリータで交流重賞7勝を上げていますが、

これも省一師のところや

清水師のところで

走る馬に関わってきた経験を

自分の厩舎でも十分に活かせたんだと思います。

ただ、松元師のところは、

3年前の東京ハイジャンプを

イコールパートナーで勝ってから、

JRAの重賞はご無沙汰となっていて、

現在、「34連敗中」となっています。

そのため、一昨年と昨年の成績は、

2011年→17勝
3億1917万円獲得

2012年→19勝
3億9584万円獲得

と、先ほど書いたビリーヴや

ウインクリューガーの活躍によって、

全体で25勝を上げ、

9億0496万円を獲得した

2003年と比べると

明らかに物足りない結果と言えるでしょう。

当然、松元師としては、

ここ2年の結果には納得できていないでしょうし、

「重賞の連敗を止めたい」

という思いと、

「賞金の高い重賞を勝って
効率良く結果を残したい」

という思いを強く抱いとる筈です。

しかしながら、

松元師のところの今年の成績は、

先週までで9勝、

獲得した賞金は

1億5584万円に留まっている為、

このままのペースだと、

昨年の成績にすら届かない可能性も

十分に考えられます。

この状況を踏まえると、

1着賞金が3800万円の

中京記念に登録している

サワノパンサー
(福島テレビオープンにも登録)、

ファリダット、

ワイズリーで、

何としてでも結果を出しときたいところ。

だからこそ、この3頭については、

間違いなく「勝負掛かり」

と判断するべきと思っていますし、

実際、松元師がどんな仕上げを施して

レースに出してくるのか、

厩舎の気配には大いに注目したいです。

競馬関係者情報

「ミルファーム」が

函館2歳Sに登録している

テルミドールについて。

「ミルファーム」は、設立が

1996年の8月

という比較的新しい牧場で、

社長の清水敏さんは、

1988年に慶応大学の法学部を卒業してから、

野村証券の岐阜支店や

大阪支店の事業法人部に務めて、

その後、

1994年から3年ほど

ビッグレッドファームに務めてから、

ご自身の牧場として

「ミルファーム」を設立したという、

牧場主としては珍しい経歴をお持ちの方。

これまで「ミルファーム」では、

200頭以上の馬を生産していて、

その中ですぐに思い付くところでは、

2000年の中日スポーツ賞4歳S
(現在のファルコンS)を

勝ったユーワファルコンがいます。

そして、

「ミルファーム」は、

か2003年に馬主資格を持つ

「オーナーブリーダー」となってから、

これまでにJRAで

54勝を上げていますが、

重賞では「24戦0勝」

という成績となっています。

ですから今は、

代表の清水敏さんを含めた牧場の関係者全員が、

「そろそろ重賞を勝っておきたい」

と考えているのは間違いないでしょう。

また、

「ミルファーム」は、

毎年のようにセールで馬を購入していて、

昨年だけでも、

「HBAサマーセール」
→総額1550万円で11頭を落札

「HBAオータムセール」
→総額520万円で6頭を落札

「ジェイエス・繁殖馬セール」
→総額60万円で1頭を落札

と、計18頭に

総額2130万円の資金を使っています。

そして今年は、

セレクトセールやセレクションセールでは

1頭も購入がなかったものの、

昨年までの状況を考えると、

今年も8月19日(月)~22日(木)の

「HBAサマーセール」など、

今後のセールで何頭かを購入する筈ですから、

きっと今は、

「できるだけ多くのセール購入資金を
準備しておきたい」

と考えている筈です。

そのため、

1着賞金3000万円
(馬主の取り分は8割の2400万円)の

函館2歳Sに登録している

テルミドールについては、

「初の重賞勝ち」と、

「セールの資金調達」の

2つの思いが込められている筈ですから、

この馬を管理している奥平調教師に対しては、

メイチの勝負仕上げの指示が出ている

可能性が高いでしょう。

最終追い切りでは、

坂路で全体が54秒4

終い1ハロン12秒4

という時計を出していましたが、

この後、

函館への輸送を控えていることを踏まえると

十分な内容だと思います。

レースを使われて、馬に実が入り、

体もひと回り大きくなったようで、

いい状態でレースに臨めるでしょう。

競馬関係者情報