競馬関係者情報の記事一覧

pr

矢作調教師がプロキオンSに出走させる、

ガンジス。

矢作師は、毎年、

東京大学に多くの合格者を出している

開成高校を卒業した後、

大学には進学せず競馬の世界に入り、

オーストラリアに渡って修行を積んだ後、

調教師となった異色の経歴の持ち主。

また彼は、

「管理馬をできる限り多くのレースに出して、

馬主さんにたくさん賞金を稼いでもらいたい」

という考えに基づいて、

できる限り管理馬を

レースに出すことを実践していて、

今まで毎年のように、

「出走回数1位」

を記録していますし、

昨年も管理馬を

「459回」使っていました。

この「459回」という数字は、

昨年、一昨年と2年連続で

「最多勝利調教師賞」

を獲得した角居調教師のところが

「356回」、

同じく2年連続で

「最多賞金獲得調教師賞」

を獲得した池江調教師のところが

「335回」だったことを踏まえると、

この数字がズバ抜けたものと言えるでしょう。

その矢作師のところは、

昨年、

ディープブリランテでダービーを勝つなど、

重賞2勝を含む45勝を上げ、

2005年に厩舎を開業してから最高となる

12億6528万円を獲得し、

今年に入ってからも先週までに

カポーティースターで勝った日経新春杯や、

グランプリボスで勝ったマイラーズCなど、

重賞3勝を含む26勝を上げ、

6億4599万円を獲得と、

調教師リーディングで3位の成績を残し、

昨年の勢いを持続させています。

ただ、矢作師が現在の成績に満足することなく、

「勝ち鞍、賞金の両方で、

リーディングを獲りたい」

という思いは強く抱いている筈です。

そのため、

1着賞金が3500万円のプロキオンSは、

間違いなく勝っておきたいレース

と言えるでしょうし、

ガンジスをどのように仕上げてくるのか、

最終追い切りの様子を念入りに確認してみたところ、

坂路に入れて一杯に追われ、

全体で53秒0、

終い12秒4という時計を出し、

1000万下のリーゼントブルースを

コンマ5秒ほど前に行かせて、

最後は楽々とコンマ2秒先着という内容でした。

また、

この馬の林正道オーナーについては、

馬主情報部の方から、

「林オーナーは、昨年だけでも、

【セレクトセール】で6頭を

2億0400万円で購入しているように、

来週に控えている今年の

【セレクトセール】でも馬を購入する筈ですから、

現在は、

【セールの購入資金を稼いでおきたい】と考え、

この馬を管理している矢作師に対して、

メイチの勝負仕上げの指示
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
が出ている可能性が高いと見ておくべきです」

今回は、

フェブラリーSから

5ヶ月振りのレースとなりますが、

休み明けの影響は

心配する必要はなさそうですし、

馬券に絡んでくる可能性は高い

と判断するべきだと思います。

競馬関係者情報

ta

宮徹調教師のところが七夕賞に使ってくる、

タガノエルシコとマックスドリーム。

1981年、田中四郎さんのところから

乗り役としてデビューした宮師は、

1996年に引退するまで、

2285戦136勝という成績を残しています。

デビューしてから引退するまで、

1982年の宝塚記念に出た

グットパレードや、

1986年の菊花賞に出た

アラオスイセイや、

1989年の菊花賞に出た

アテンションリバーなど、

彼は重賞に全部で10回乗っていますが、

1992年の小倉記念に出た

カシワズハンターの4着が最高だった筈。

ただ、

1996年に調教師の免許を取って、

次の年に自分の厩舎を開業すると、

いきなりアインブライドで

阪神3歳牝馬Sを勝ち、

乗り役時代には全く縁がなかった

GIを獲っている上、

マイネルブライアンを使った

2000年のシリウスS、

コスモフォーチュンを使った

2006年の北九州記念、

コパノジングーを使った

2010年の目黒記念など、

昨年までに、

JRAの重賞を8つ勝っているように、

宮師は乗り役としてレースに出るよりも、

調教師として馬を育てる方が

合っていたのではないかと思います。

ただ、宮師のところは、

昨年、重賞2つを含む

24勝を上げた一昨年よりも、

6つ少ない18勝という結果に終わり、

重賞に関しては21回使って

1つも勝つことができませんでした。

そのため、

獲得した賞金も3億5688万円と、

一昨年より1億円以上も

少ない数字に留まってしまったため、

今年を迎えるにあたり、

宮師は、

「必ず巻き返す」

と、強い思いを抱いていた筈ですが、

その思いを示すかのように、

コパノリチャードを使った

アーリントンCを含め、

先週までに14勝を上げ、

2億5201万円を獲得していますが、

恐らく本人としては、

「一刻も早く、昨年の成績を上回っておきたい」

という思いを強く抱いとる筈です。

それに、宮師のところは、

現在、全部で40頭を管理していますが、

その中で、これまでに

2億2298万円を獲得している

厩舎の「稼ぎ頭」のコスモファントムは、

一昨年の中日新聞杯を勝ってから

「9連敗中」と結果を出せていない上、

今は放牧に出ていますので、

七夕賞に使う、

タガノエルシコとマックスドリームの2頭には、

当然、

大きな期待を寄せている事は間違いないでしょうし、

キッチリと馬を仕上げてくると見ていましたが、

最終追い切りでは、

タガノエルシコは

全体が53秒4、終い12秒4

マックスドリームは

全体が53秒2、終い13秒2

と、福島への輸送を控えている為

馬なりでのものでしたが、

どちらも脚捌きに硬さも見られず

軽快な動きを見せていましたから、

宮師がここで勝負を懸けてきたと

判断するべきかと思います。

競馬関係者情報