競馬関係者情報の記事一覧

クイーンSで、

「ビッグレッドファーム」が登録している、

コスモネモシンについて。

「ビッグレッドファーム」は、

「マイネル軍団の総師」こと

岡田繁幸オーナーが

1974年に設立した牧場で、

1989年頃には静内に

「ビッグレッドファーム真歌トレーニングパーク」を、

1998年頃には新冠に

「ビッグレッドファーム明和」を、

2007年には茨城県の鉾田市に

「ビッグレッドファーム鉾田トレーニングセンター」

をそれぞれ設立するなど、

順調に規模を大きくしていて、

当初は岡田オーナーが代表でしたが、

今は奥様の美佐子さんが代表になっています。

また、

「コスモ」の冠名で走っている馬の多くは、

「ビッグレッドファーム」が

JRAの個人馬主資格を持つ方に出資を呼び掛ける、

「コスモオーナ-ズクラブ」の所属馬ですが、

コスモネモシンは

その募集馬ではありません。

ただ、

「コスモオーナーズクラブ」では、

昨年まで毎年のように、

10月の終わり頃から出資の受け付けを始めていますし、

今年も同じスケジュールになる筈ですから、

今の時期、

「コスモ」の冠名が付いたこの馬が活躍すれば、

出資を考えている馬主さん達に

いい印象を与えられて、

早めの出資を増やせるのはほぼ間違いありません。

しかも、

「ビッグレッドファーム」は、

これまでセールで多くの馬を落札していて、

昨年だけでも、

「HBAトレーニングセール」
→3頭を2230万円で落札

「八戸市場」
→2頭を570万円で落札

「セレクトセール」
→7頭を1億4250万円で落札

「セレクションセール」
→5頭を3560万円で落札

「サマーセール」
→44頭を1億8990万円で落札

「オータムセール」
→11頭を2470万円で落札

「ジェイエス繁殖馬セール(秋季)」
→6頭を4880万円で落札

と、計78頭に

総額4億6950万円を使っていました。

そして今年も、

7月8日(月)~9日(火)の

「セレクトセール」
→7頭を1億2200万円で落札

7月16日(火)の

「セレクションセール」
→8頭を9320万円で落札

と、今月だけで計15頭に

総額2億1520万円の資金を使っていますので、

今はきっと関係者全員が、

「セールで使った資金を早めに回収したい」

という気持ちを強く持っている筈です。

そこで、

1着賞金3500万円
(馬主の取り分は8割の2800万円)の

クイーンSに登録している

コスモネモシンについては、

「ビッグレッドファーム」の方から、

管理している清水調教師に対して、

勝負仕上げの指示が出ていると見ておくべきです。

競馬関係者情報

鮫島調教師は、

1979年に増本豊師の厩舎に入り、

そこで調教助手として経験を積んで、

1999年に調教師試験に受かり、

2000年に自分の厩舎を開業しています。

初めの年こそ10勝止まりでしたけど、

翌年からは毎年のように20勝しているように、

安定抜群の厩舎と言えるでしょう。

その反面、

重賞はなかなか勝てず、

シルクフェイマスを使った

2004年の日経新春杯が初めてでした。

それからも、

シルクフェイマスで勝った

2006年のアメリカJCCや、

レインボーペガサスで勝った

2008年のきさらぎ賞など、

勝ち鞍を上げて、

先週までに重賞12勝上げて、

全体の成績も357勝としています。

その鮫島師のところは、

今週、アイビスSDに
パドトロワと
リトルゲルダ(佐世保Sにも登録)を、

BSN賞に
マコトスパルビエロを、

漁火Sに
ドリームヒーローをはじめ、

全部で7頭を登録していますが、

当然、

アイビスSDのパドトロワ

に寄せる期待は相当なものでしょう。

何しろ、この馬は、

昨年のサマースプリントシリーズで、

アイビスSDとキーンランドCを勝って、

シリーズチャンピオンとなって、

パドトロワの持ち主で、

社台グループが

JRAの個人馬主資格の所持者を対象に出資を募る

「社台オーナーズ」に

褒賞金3200万円を、

厩舎に褒賞金

800万円をもたらしてくれたので。

その上、この馬は、

昨年4着だった

函館スプリントSを今年は勝って、

現在のところ、

今年のサマースプリントシリーズの

首位に立っておりますので、

「ここを勝ってチャンピオンへグッと近づきたい」

と、強く思っているのは間違いないでしょうし、

「社台オーナーズ」の関係者達からは、

「今年もサマースプリントシリーズの
チャンピオンを取れるように、
ここでは勝負仕上げで出して欲しい」

といった指示が出ているとすれば、

今年も昨年と同じく、

馬主には褒賞金3200万円が、

厩舎に褒賞金800万円が入りますので、

「渡りに船」

と考えて全力で仕上げるのは間違いないでしょう。

また、

BSN賞に登録しているマコトスパルビエロの

尾田オーナーはこれまでに7頭を、

ドリームヒーローの

田島オーナーも同じく7頭を預けてくている、

師が厩舎をやっていく上で欠かせない馬主さんと言えますし、

ここで結果を残しておけば、

今後も、

新しい馬を預けてくれる事にも繋がってくるでしょうし、

当然、

他の馬主さん達に対しても、

厩舎をアピールできることになる訳ですから、

鮫島師がどんな仕上げを施してレースに臨んでくるのか、

その点については念入りに確認し、

予想に反映させていきたいと思います。

競馬関係者情報