競馬関係者情報の記事一覧

「グリーンファーム」が

函館2歳Sに出走させる、

ヴァイサーリッターについて。

同クラブの愛馬会法人の代表を務めている

河野二郎氏は、

自民党の総裁や、衆議院議長を務められ、

今は、日本軽種馬協会の会長理事を務めている

河野洋平氏の次男です。

更に、

次郎氏の兄で衆議院議員の河野太郎氏は、

現在、

「セレクトセール」の主催などで知られる

「日本競走馬協会」の会長を務めています。

また、

「日本競走馬協会」と、

「グリーンファーム愛馬会」は、

どちらも東京都港区の麻布台にある

同じビルに入っている上、

同ビルには、

関東では競馬中継で有名であり、

お二人の祖父にあたる

河野一郎氏が創業に尽力したラジオ日本や、

「地方競馬全国協会」

などが入っている点からも、

河野家が競馬と

非常に深く関わっていることがよく分かります。

その上、

河野家と言えば、一郎氏の代に、

那須野牧場を経営

していたことでも知られているように、

生粋の「競馬一家」と言えるでしょう。

その「グリーンファーム愛馬会」は、

全部で26頭いる

「現2歳世代の募集馬」について、

昨年7月から出資を受け付けしていますが、

現在も、

8頭が「出資受け付け中」となっている上、

先日より、全部で24頭いる

「現1歳世代の募集馬」の

出資の受け付けも開始しています。

よって、

代表の二郎氏を始めとしたクラブの関係者は、

現在、

「所属馬を活躍させて、
グリーンファームの知名度を上げたい」

と考えている筈ですし、

クラブの知名度が上がれば

出資者の増加に繋がるのは、

言うまでもないことです。

また、

同クラブの所属馬は、

2011年のフローラSを

バウンシーチューンが勝ってから今まで、

2年以上も重賞を勝てていませんので、

函館2歳Sのヴァイサーリッターは、

「間違いなく勝負懸かり」と言え、

最終追い切りも

「内容的には十分、動きそのものは、
状態がいい馬ならではの軽快なものでしたから、
この馬の持っている力を出し切れる筈」

という内容でしたから、

きっといいレースを見せてくれるだろうと

考えています。

競馬関係者情報

矢作芳人調教師

これまでの実績
3225戦299勝
(今年は29勝で現在はリーディング3位)

≪今週の主な登録馬≫

オセアニアボス(中京記念)
トシギャングスター(中京記念)
函館日刊スポーツ杯(キョウエイバサラ)
他多数

矢作調教師と言えば、

毎年のように多数の東大合格者を輩出している

全国屈指の進学校
開成高校(東京都荒川区)

を卒業していることが有名ですが、

「大の旅行好き」

でもあります。

実際、矢作厩舎では、

これまで毎年のように豪勢な

慰安旅行が開催されていて、

今年の3月には、矢作調教師、

安藤貴英調教助手、久保公二調教助手

といった計8名がマカオを訪れ、

現地での観光やカジノなどを存分に満喫したようです。

尚、マカオに行かなかった厩舎スタッフは、

秋に国内を目的地とした

慰安旅行に参加するようですが、

恐らくこの直前には、

厩舎全員が一丸となって、

「旅行費用を稼ぎたい」

という思惑を抱いてレースに臨んでくるでしょう。

===========

榎本優也調教助手
(須貝尚介厩舎)

所属厩舎のこれまでの実績
1144戦128勝
(今年は18勝で現在はリーディング15位)

≪所属厩舎の今週の主な登録馬≫

ショウナンカミング(八雲特別)

須貝厩舎の調教助手として、

アスカクリチャンや
ジャスタウェイ

などを担当している

榎本優也調教助手には、

武豊騎手に憧れて騎手を目指したものの、

視力不足によって

試験を受けられなかった経緯があります。

しかし、その後は無事に

JRA競馬学校の厩務員過程を卒業し、

2009年5月から

須貝厩舎の調教助手となっていて、

アスカクリチャンや
ジャスタウェイ

などを重賞勝ち馬に育て上げているのですから、

もともと、

調教助手としての適性が高かったのでしょう。

榎本助手の趣味は、

「一眼レフカメラを使用した写真撮影」で、

現在は、

自身が撮影した管理馬達の写真を用い、

須貝厩舎の広報的な役割を果たしているようです。

また、

一眼レフカメラなどは、

ほぼ例外なく高価であるため、

榎本助手が担当馬をレースに出走させる際には、

「機材の購入費用を稼ぎたい」

という思惑を抱いている可能性が十分にあるでしょう。

小ネタ