競馬関係者情報の記事一覧

全国リーディング50位以内を対象

━━━━━━━━━━━
【調教師】
───────────

橋口弘次郎調教師(1945年10月5日生)

リーディング16位(23勝)
免許取得年:1980年
通算勝利数:924勝

↓今週の主な出走予定馬↓

クラレント(毎日王冠)
ピークトラム(デイリー杯2歳S)
ローゼンケーニッヒ(大原S)

===========

戸田博文調教師(1963年10月1日生)

リーディング20位(22勝)
免許取得年:2000年
通算勝利数:303勝

↓今週の主な出走予定馬↓

ヒールゼアハーツ(本栖湖特別)

━━━━━━━━━━━
【騎手】
───────────

北村友一騎手(1986年10月3日生)

リーディング26位(36勝)
免許取得年:2006年
通算勝利数:354勝

↓今週の主な騎乗予定馬↓

ヴァンヌーヴォー(平城京S)
パープルタイヨー(久多特別)

===========

丸山元気騎手(1990年10月3日生)

リーディング28位(35勝)
免許取得年:2006年
通算勝利数:240勝

重賞勝ち鞍
2013年函館2歳S(クリスマス)
2011年新潟記念(セイクリッドバレー)
の計2勝

↓今週の主な騎乗予定馬↓

テイエムオオタカ(信越S)
コンサートレディ(火打山特別)
トリガー(萬代橋特別)

━━━━━━━━━━━

果たして今週、誕生日を迎える関係者は、

どんな思いを抱いてレースに臨んでくるのか、

注目しておく必要があります。

当日買い目をご希望の場合は
競馬会員にお申込み下さい

小ネタ

栗東の梅田調教師は、

1995年に競馬学校の厩務員過程に入り、

次の年から1999年の桜花賞を勝ち、

その年のオークスでも3着に入った

プリモディーネなどを育てた

西橋調教師のところの厩務員、

助手として腕を磨いていました。

そして梅田調教師は、

2006年に調教師の試験に受かって、

2007年に自分の厩舎を開業していますが、

最初の年は9勝を上げ、その後は、

2008年→12勝・2億3076万円獲得
2009年→18勝・2億5259万円獲得
2010年→16勝・3億1916万円獲得
2011年→11勝・2億8982万円獲得
2012年→19勝・4億5880万円獲得

と、毎年欠かさず2桁勝利を上げていますし、

特に昨年は、

ショウナンマイティを使った産経大阪杯で

初めて重賞を勝てたこともあって、

勝ち鞍と賞金共に、

これまでで最高の結果を残しています。

そして今年も2月のダイヤモンドSを

アドマイヤラクティで勝つなど、

これまでに14勝を上げ、

賞金も3億4529万円と、

順調に結果を残していますが、

今後の厩舎運営のことを考えると、

梅田師自身、

「もっと結果を残して、
厩舎アピールをしておきたい」

という思いを強く抱いている筈です。

何せ彼と同じく、

2007年に厩舎を開業した同期の調教師には、

小崎調教師や、庄野調教師や、松永調教師などがいて、

小崎師はスマートファルコンで

交流重賞19勝を上げ、

庄野師は2010年のJBCスプリントを

サマーウインドで勝ち、

松永師は2009年の秋華賞を

レッドディザイアで勝っているように、

その活躍を目の当たりにしている師としては、

「同期には負けられない」

という思いを常に持ち続けている筈ですから。

梅田師としては、

毎日王冠に登録してるショウナンマイティと、

京都大賞典に登録してるアドマイヤラクティで、

できる限り多くの賞金を獲得するために、

勝負を懸けてくると見られています。

これらの馬に対してどんな仕上げを施してくるのか、

大いに注目する必要があります。

当日買い目をご希望の場合は
競馬会員にお申込み下さい

競馬関係者情報