競馬関係者情報の記事一覧

1枠1番リリーノーブル

東京芝2400mの舞台でリベンジを誓う1頭だが、気がかりなのは同馬の血統背景。

近親には1400-2000mまでに良績が集中する馬がズラリと並ぶ。

新馬戦を勝ち上がった東京コースに何ら不安はないものの、気に留めておきたい部分だ。





「2018優駿牝馬(G1)-オークス-全頭分析」の続きを読む »

競馬関係者情報